令和3(2021)年度栃木県産業技術センター窯業技術支援センター体験型短期研修(11月)の受講者募集について

【概要】
窯業技術支援センターでは、窯業に関心のある方を対象に、ロクロ技術や窯業業界の現状を学ぶ、1日体験研修を行います。
当センターの伝習生・研究生に関心のある方、将来、製陶業に従事したい方など、 奮ってご参加ください。
 1 日 時
   令和3(2021)年11月10日(水)
    令和3(2021)年11月14日(日)
 ※どちらも9:45~15:00(昼休憩:12:00~13:00)
 2 場 所
   窯業技術支援センターとちぎの器交流館
 3 研修項目
   ・オリエンテーション:センター概要等説明
   ・業界の現状説明、意見交換、施設見学           (1時間程度)
   ・釉薬調合:自動乳鉢を用いた二成分調合、釉掛け      (1時間程度)
   ・ロクロ成形:土練り、基礎的な器成形           (2時間程度)
   ・個別相談 (15:00~順次実施)※希望者
 4 定員・料金
   定員:各回6名   料金:無料
   ※申込み多数の場合には抽選となります。
     受講者決定等については締切日以降に郵送で連絡します。
 5 申込締切
   令和3(2021)年10月27日(水)
 6 申込方法
   受講申込書にご記入の上、下記宛てFAX、メール、郵送のいずれかでお申し込みください。
 7 申込・問合せ先
    栃木県産業技術センター窯業技術支援センター
     〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子695
     TEL 0285-72-5221 FAX 0285-72-7590
     メール yougyou-gc@pref.tochigi.lg.jp

令和4(2022)年度(第54期)栃木県産業技術センター窯業技術支援センター伝習生募集について

伝習生募集チラシ

募集要領

 

【概要】
窯業技術支援センターでは、県内の伝統工芸品産業である益子焼をはじめとする陶磁器産業を支える後継者の育成を図るため、伝習生を募集し、ロクロ成形など作陶に関する基礎的な知識・技術を習得できる研修を実施しています。
育成期間は1年間(令和4(2022)年4月~令和5(2023)年3月 ※土日祝日を除く)です。

【定員】
10名
【対象】
将来県内で窯業に関する業務に従事しようとする方
【費用負担】
無料
【出願期間】
令和3(2021)年11月1日(月)~令和3(2021)年11月24日(水)必着
【選考試験】
令和3(2021)年12月9日(木)
【出願手続】
来所または郵送(封書)
出願に当たっては、募集要領を必ずお読みください。
見学は随時受け付けております。

【出願・問合せ先】
栃木県産業技術センター窯業技術支援センター
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子695
TEL 0285-72-5221  FAX 0285-72-7590

藍より青く 栃木県文化功労者受章記念 日下田正 展

 

開催期間:2021年10月10日(日)~2022年1月10日(月・祝)

場所:益子陶芸美術館/陶芸メッセ・(益子栃木県芳賀郡益子町大字益子3021)

お問合せ:益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子
TEL:0285-72-7555   FAX:0285-72-7600
開館時間 10月まで【9:30~17:00】 11月から【9:30~16:00】
http://www.mashiko-museum.jp/

 

益子陶芸美術館では、2018(平成30)年秋に益子町で紺屋を営む日下田正氏が栃木県文化 功労者に選ばれたことを記念して、「藍より青く 栃木県文化功労者受章記念 日下田正展 」 を開催いたします。日下田正は江戸時代から続く紺屋に生まれました。父、日下田博が 守ってきた伝統の型染だけではなく、昭和の初期まで益子で栽培され絶えてしまった茶綿 を再び栽培し、茶綿を藍染して、これまでにない滋味あふれる「益子木綿」を作り上げ ました。さらに、草木染で綿花を様々な色に染めて紡いだ“混じり糸”で織り上げ、まるで アイルランドのドニゴールツイードを想起させるような、表情豊かな綿の世界を生み 出しました。本展では日下田紺屋を継ぐ日下田正の新たな創作の挑戦を紹介します。

——————————————————–

関連ワークショップ
藍色の光る泥団子をつくろう!

開催日: 2021年10月24日(日) 場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内)
時間: 午前10時、11時の2回
定員: 各回10人
価格: 1個2,000円
ご予約方法: 土祭HPより(PeatixというWEBからのお申込みになります)
お問い合わせ: 申込みに関して/080-8837-2744 土祭事務局
内容に関して/090-9370-3925 ましこ☆光る

ご参加の際は感染症対策へのご協力をお願い申し上げます。

  • 会場入口でおひとりずつ検温させていただきます。
  • マスクの着用をお願いします。
  • また、今後の状況により予告なくイベント等を延期・中止する場合がございます。その際は当館HPおよびSNSにてお知らせしますのでご確認ください。

※今後の状況により、展覧会予定に変更が生じる場合がございます。最新情報は、当館ホームページFacebookTwitter 等でご確認ください。

令和3年度「コスモス祭り」の中止について※播種を行うためご覧いただくことはできます【コスモス様子10/4更新】

新型コロナウイルスの感染症防止のため「コスモス祭り」は中止となりましたが、播種を行うためご覧いただくことはできます。
————————————————-
~ご来場の皆様へのお願い~
・咳や発熱など風邪の症状のある方、過去14日以内に発熱や感冒症状で受診・服薬等をした方、過去14日以内に感染拡大している国や地域への訪問歴のある方はご来場をご遠慮ください。
・体温が37.5℃以上の方はご来場をご遠慮ください。(ご来場前に事前の検温をお願いします。)
・マスクの着用と咳エチケット、こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。
・人と人との間隔はできるだけ1m以上あけて、近接した距離での会話はお控えください。
・会場内での飲食はご遠慮ください。
※会場では安全のため「感染拡大予防ガイドライン」に沿って運営を行っております。
———————————————————————————

—————————————————————

▶コスモス祭り

令和3年度⇒中止

※播種を行うためご覧いただくことはできます。

開花時期 10月上旬~11月上旬

約10ha/生田目地区

※開花時期は目安です。気候条件によって多少前後する場合がございます。

(開花情報をご覧ください。)

※会場付近に駐車場を設置します。設置期間は、10月2日(土)~10月31日(日)を予定しております。

※展望台や売店、休憩所は設置しません。
※摘み取りは10月20日(水)以降でお願いします。(ハサミなどの貸出はございません。)
※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、バス等での大人数の来場はご遠慮ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言の発令などの状況により、ご観覧も中止させていただくこともあります。

■令和3年度ひまわり開花情報

■会場へのアクセス

 

 

———————–10月4日(月)——————–

今年のコスモス祭は中止となり展望台、売店、トイレはありませんが、ご覧いただく
ことはできます。
咲き具合は、全体的に7割程度で、小さな花びらにピンクや白など色とりどりの景色
が楽しめます。
近くに無料駐車場もありますので、どうぞご利用ください。

 

彼岸花街道(益子町梅ヶ内地区)※2021年9月21日更新

益子町の梅ケ内地区にある彼岸花街道【2021年9月21日の様子】

場所は、本沼パーキング手前(Googleマップが開きます)

彼岸花街道の彼岸花が見頃を迎えています。

のどかな田園風景に溶け込む彼岸花。

【2021年9月15日の様子】

益子町の梅ケ内地区にある彼岸花街道では、徐々に見頃を迎えようとしています。

今年は早めに咲き始めているようです。

真っ赤な彼岸花が道路沿いや田んぼの畦道など約2kmにわたり咲いています。
場所は、本沼パーキング手前(Googleマップが開きます)で、近くにはそば畑や稲刈りをまつ田んぼが広がっています。

彼岸花街道執着地点は今年、「土祭2021」のスタンプラリー設置場所にもなっていますのでぜひ参加してみて下さい。

————————————————————————————

小宅古墳群【2021年9月21日(火)の様子】

益子町小宅地区にある「小宅古墳群」は、総数35基、前方後円墳6基、円墳29基(内11基は削平)からなる大規模な古墳群です。春には、菜の花や桜などが楽しめ、秋には彼岸花も見ることができます。

現在、見頃を迎えた彼岸花は秋を感じさせてくれます。

 

【ワグナー・ナンドール秋季展2021】

 

【ワグナー・ナンドール秋季展2021】は、 10月15日金曜日から11月15日月曜日まで開催致します。

休館日は月曜日ですが、11月15日は開館いたします。
併設展(五角堂ギャラリー)は 《藤原彩人 彫刻展 ―軸と周囲 ― 》 を開催します。
※3密を避けて、ご無理のない様にご来館下さい。
※10月14日までは、ご予約により庭園のみご覧いただけます。

秋季展開催に向けて、庭園改修工事、館内掃除などの作業を行いますので、ご理解・ご協力の程 宜しくお願い致します。
ご連絡は、電話 0285-72-9866 ワグナー・ナンドール アートギャラリー事務局にお願い致します。

その他の情報はHPをご覧ください。

◆HP  http://wagnernandor.com/indexj.htm
◆モバイル版 http://wagnernandor.jp/mobile/wnag.html
◆問合せ: 0285-72-9866
◆メール: wagnernandor@gmail.com

【令和3年度 益子秋の陶器市開催中止のお知らせ】

本年10月30日~11月3日で予定しておりました益子秋の陶器市について、実行委員会では開催に向けて準備を進めてまいりましたが、最近の新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、安全に開催することは極めて困難であると判断し、中止することを決定いたしました。
 昨年の春から続けての中止となり、陶器市を心待ちにされていたお客様、また、関係者の皆様には誠に残念な結果ではありますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 

令和3年度「ひまわり祭り」の中止について※播種を行うためご覧いただくことはできます[ひまわりの様子8/18更新]


ひまわり2021 (1)ひまわり2021 (2)

 

新型コロナウイルスの感染症防止のため「ひまわり祭り」、「コスモス祭り」は中止となりましたが、播種を行うためご覧いただくことはできます。

▶ひまわり祭り

令和3年度⇒中止

※播種を行うためご覧いただくことはできます。

開花時期 8月中旬~下旬(8月23日に刈り取り予定)

     約5ha/上山地区

※開花時期は目安です。気候条件によって多少前後する場合がございます。

(開花情報をご覧ください。)

※会場内に駐車場を設置します。

設置期間は、8月12日(木)~8月22日(日)午前9時~午後5時閉場

ただし、花の開花状況によって、設置期間の変更や悪天候によりご利用できない場合がございます。

※展望台や売店、休憩所は設置しません。

※新型コロナウイルス感染症対策及び開花状況により、摘み取りは8月16日(月)まで中止とさせていただきます。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。(R3.8.11現在)

※新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、バス等での大人数の来場はご遠慮ください。

※新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言の発令などの状況により、ご観覧も中止させていただくこともあります。

■令和3年度ひまわり開花情報

■会場へのアクセス

[ひまわりの様子]

———————–8月18日(水)——————–

益子のひまわり達は見頃をちょっとすぎてしまいましたが、まだ蕾のものもいくつかあり、とっても可愛らしいですよ♪ 

丁度、まし子さんもひまわり畑に来ていて

「ひまわりだいすき~❣️」と、とっても楽しそうでした♪

今は、ひまわりの摘み取りもできるのでお家に帰ってからも益子のひまわりで癒されてください。

 

 

———————–8月12日(木)——————–

 

黒田泰蔵/白磁の道

「単色、ロクロ成形、うつわ」をテーマに、一貫して白地の作品を追求し続ける黒田泰蔵(1946~)。益子町の島岡達三(1919~2007)に学び、濱田庄司(1894~1978)と出会ったことが、今日までの黒田の精神に深く息づいています。本展では新収蔵作品約30点を中心に展覧します。

————————————————————
開催期間:2021年8月31日(火)~10月3日(日)

場所:益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子
(栃木県芳賀郡益子町大字益子3021)

時間:9:30~17:00

入館料:通常入館料
一般・大学生・高校生:(個人)600円/(団体20名以上)550円
65歳以上:(個人) 300円/(団体20名以上)300円
小・中学生:(個人)300円/(団体20名以上)250円
幼児:(個人) 無料/(団体20名以上)100円

※65歳以上の確認は受付にて各種証明書等を拝見いたします。
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けられた方及びその方の介護者1名は無料です。
※サロン・ミニギャラリーは入館無料でご利用いただけます。
※陶芸美術館入館料免除申請書類についてはこちらをご覧ください。

お問合せ—————————————

益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子)
TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600 開館時間 9:30~17:00
http://www.mashiko-museum.jp/