益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

好評です!益子焼伝統工芸士の展示

 

 

 

 

 

 

昨年12月より駅舎にてはじめた益子焼伝統工芸士の展示。

地元の方、観光客の方にも、多くの方にご好評いただいております。
こちらは販売もしておりますので、
気になる商品ございましたら
お気軽に観光協会窓口までお声をかけて下さい。

益子町観光協会TEL0285-70-1120

お雛さまの展示・販売はじまっています

1月ももう今日で終わりとなりますね。

城内坂各店舗では、陶雛の展示販売がはじまっています!

 

こちらは陶房ましやまさん、とてもかわいらしい陶雛とディスプレイです。


 

 

 

 

 

 

こちらはやまに大塚本店さん。つるし雛も華やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは大宿窯さん、まるで十二単が布に見えるような細部にまでこだわって作られた陶雛です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な陶雛がかわいらしく、華やかな雰囲気になっています。

益子の陶雛は手軽で、場所もとらずに飾れますので、
今年の雛祭りにいかがでしょうか?  

超得!本格的陶芸体験ツアー9泊11日 3万5千円


はぎわら観光企画の「益子で陶芸家にプチ弟子入りツアー」のご案内です。

観光庁による国内旅行振興キャンペーン「がんばろう!日本」の調査目的のためのモニターツアーです。そのため、通常よりも安い価格でのツアー企画になっています。

内容は、日帰りの1日陶芸体験ではなく、前半4日・後半6日かけての本格的な陶芸の体験ができるプログラムで、まさに「プチ弟子入り」

 

<前半日程>
2月19日~2月22日
窯元でろくろ、もしくは手びねりで陶器形成
益子観光(酒蔵見学、いちご狩り、文化財見学など)
<後半日程>
3月4日~3月10日
前半でつくった陶器の絵付け・釉薬がけから窯の火入れ窯焚きまで。
自由に観光

参加料金¥35000
<代金に含まれるもの>
日程に基づく交通費、宿泊代、陶芸体験費用、見学費用
及び食事代(宿泊中の朝食+昼食1回+夕食2回)
作った陶器作品のお持ち帰り(30作品くらい)

 

宿泊先はペンション「益古時計」http://mashiko-dokei.com/
「ホテルサンシャイン益子舘」(こちらは1名1室でご利用の場合は¥27000アップになります)
http://mashikokan.jp/

 

お申込・お問合わせは
はぎわら観光0285-72-5334まで。

本日の益子

 

1月22日(日)
昨夜ちらついていた雪もほとんど溶け、道路も心配ありません。
風が肌寒いので、あたたかくしてお越し下さい。

陶芸メッセ・参考館 休館日のおしらせ

展示入れ替えのため、休館となります。
ご迷惑をおかけしたしますが、ご了承ください。

 

益子参考館
1月30日~2月10日まで

http://www.mashiko-sankokan.net/

 

陶芸メッセ・陶芸美術館
1月30日~2月3日まで

http://www.mashiko-museum.jp/jguide/jguide.htm

 

よろしくお願いします。

益子の登り窯~岩下製陶~大誠窯~

 

 

益子焼の里、益子のシンボルといえば登り窯。
今、町指定文化財の登り窯(2基)を管理している〈岩下製陶〉さんでは、
築窯師、陶芸家でもある原泰弘さんと岩下製陶の方々とで、窯の修復作業に取り組んでいます。
このたびの震災により登り窯にも大きな被害がありましたが、
多くのボランティアの方々によって支えられ、もう一息で一基が修復完了いたします。
見学も可能です。

 

また、町内に現役の登り窯をもつ大誠窯さんでは、
窯の修復は完了しており、手前の土台作りをしています。

窯の大口には薪がくべられ、火がほんのり灯っています。
こちらの窯の本格的な窯の火入れは、春の陶器市前を予定しています。

 

岩下製陶

http://www.mashiko-kankou.org/240.shtml

 

大誠窯

http://www.mashiko-kankou.org/346.shtml

<益子焼伝統工芸士>作品展示のご案内

 

 

ただいま、益子駅舎内には展示用の棚が設置されており、
益子焼伝統工芸士の方々による作品が展示中です。

「益子焼伝統工芸士」とは、
益子焼の伝統技術を受け継ぎ、

身につけた方に認定される経済産業大臣指定の称号です。
現在、益子では10名が認定されています。

先日は、工芸士の方々が駅舎に集まり、

棚のワックスがけをして仕上げました。
皆様おひとりお一人、とても気さくな人柄と

それぞれ味わいのある作品達です。
益子駅にお立ち寄りの際には、どうぞご覧下さい。
今後も定期的に工芸士作品の入れ替えを予定しています。

 

<益子焼伝統工芸士>※順不同
吉澤靖男 江川崇 大塚巌 大塚邦紀 大塚健一 
大塚久男 片岡九二三 小田部玄男 床井崇一 萩原芳雄

 

<お問合せ>
益子町観光協会
TEL:0285-70-1120

本日の益子 益子駅前より

1月14日(土) 晴天。気持ちよい青空の益子です。
風が少しありますので、あたたかくしてお越し下さい。
益子駅前には高さ約2mの大きな益子焼の壺がお出迎えです。写真スポットのひとつに☆

益子中心部より南に足を延ばすと、里山の中腹に「西明寺」がございます。
こちらには趣ある文化財の建物が静かに佇んでいます。珍しい「笑い閻魔座像」もあり、豪快な笑いの閻魔様が、なにかご利益をもたらすかもしれません。
益子のパワースポット、散策の合間に、ぜひお立ち寄り下さい。

雛めぐり川柳募集

 

 

2月11日から3月4日に益子の雛めぐりが開催されます。

http://event.4-seasons.jp/sys/doc/2157.shtml

これにあわせまして、雛めぐり川柳を募集します。
お題は「お雛さま」「雛祭り」に因んだものであればなんでも。

お気軽に観光協会窓口にてお声をかけて下さい。

益子町観光協会
0285-70-1120

今朝の益子と動物たち

寒さは厳しいですが、今朝も澄み渡った青空の益子。

 

 

青い空が映った小貝川の水面はより濃い青が美しい眺めでした。
いつもの白鳥に加え、今日はかわらしいまだ幼い鴨が仲間入りしていました。

 

 

 

そして登り窯のある城内坂の大誠窯さんにお邪魔すると、名物のアヒルさんたちがお出迎え。というよりも、みんな寒いからか仲良く体を寄せ合い集まっていました。
昔からアヒルを飼っているという大誠窯さん。ご覧のように「アヒル保育園」なんて看板をつけてかわいがっています。益子の観光の合間にこんな心和む景色もお楽しみいただければ・・・と思います。