益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

新緑の季節に散策を・・・

緑豊かな益子町。田畑に囲まれた里山の自然を味わうには絶好の季節となりました。

 

 

最近は、レンタサイクルなどを利用して散策される方もチラホラといます。

 

 

益子駅では電動自転車の貸し出しを行っております。
2時間400円。延長1時間ごとに100円追加。1日レンタルで800円もあります。

 

 

 

 

のんびり益子を楽しんでみてはいかがですか?
益子の森はおすすめですよ♪

益子のソウルフード ビルマ汁

 

先日、NHKで放送されてから大反響!!の、「ビルマ汁」。

 

 

益子町田町の
ごく一部の家庭では夏になると、出てくる定番メニュー、ビルマ汁。

 

 

 

観光協会でもお問い合わせや遠方から食べに来たという方々まで
みなさん「ビルマ汁」の魅力にメロメロです。

 

 

 

今!!食べたい!!と思いさっそく
「つかもと本館内レストラン」へ。
電話:0285-72-3223

 

 

 

コチラではミニサイズ200円と普通サイズ350円があり、さらにテイクアウト350円もあります!!

 

 

 

 

夏野菜がたっぷりはいって薄いカレー味のピリ辛があとをひきます。
あっという間に間食してしまうおいしさ!

 

 

 

写真はテイクアウトのものです♪

 

 

http://www.mashiko-burma.com/

 

 

 

ビルマ汁について

 

ビルマ汁の歴史は、1945年の終戦の年まで遡ります。
当時、太平洋戦争で出征された「もおかや」の先代飯塚潤一さんが、戦地ビルマ(現ミャンマー)で食べたスープの味がとても美味かったと忘れられず、終戦帰国後、当時の日本で手に入る材料で当時のビルマで食べた味を再現したのが始まりです。
その味を近所の方々に伝え、長年、田町自治会では、夏の家庭料理として、食卓に並んでおりました。

 

 

赤々に熟したトマト、夏野菜の代表格ナスやインゲン、地元産のジャガイモやニンジンをぶつ切りにし、和風だしで煮込みます。トウガラシで辛味を出し、カレー粉で風味を付け、出汁のきいた熱々で辛味のあるスープは後を引く美味しさです。
汗だくになりながらすするビルマ汁は、知っている者にとっては、夏になると思いだす一杯です。

 

 

益子春の陶器市 最終日

益子春の陶器市最終日。陶器市期間中はお天気にも恵まれ絶好の陶器市日和でした。
今年の春の陶器市は、小さなお子様から年配の方々まで幅広い世代の方々が楽しんでいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

休憩所・授乳・おむつ替え施設の充実をはかり、より一層幅広い世代にすごしやすく愛される陶器市でありたいと思っております。

大きな荷物を持っての移動・城内坂周辺の渋滞緩和などの問題を少しでも解決するため、今年から始めた益子巡回バスは多くの方々にご利用していただきました。

今後もみなさまに愛される益子陶器市を目指していきますのでよろしくお願いいたします。
そして、次回秋の益子陶器市は10月31日(土)~11月4日(水)を予定しております!!!!

みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益子春の陶器市 7日目の様子

5月5日。本日はこどものひ。益子春の陶器市も小さなお子様を連れて歩かれる方が多かったです。

今年の春の陶器市は、授乳室・おむつ替え施設の充実をはかり、常設の施設や店舗・テント村で仮設のテントなどを作ったりして小さなお子様がいても陶器市を楽しめるようにみなさんが協力してくださいました。

これからも、みなさまが快適に陶器市を楽しめるような環境を作り上げていきたいです♪

 

 

今日は約4万7千人の方が益子町に来て下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益子春の陶器市 6日目の様子

益子春の陶器市6日目。

本日は、暑くなったり涼しくなったりとクルクル変化するお天気でしたが1日を通して過ごしやすい気候だったのではないでしょうか。

 

今日は約5万1千人の方が益子町に来て下さいました。

  

普段使いの食器やプレゼント品。陶器市では普段では出会えない作品に会えるチャンスです。使うイメージを想像しやすいディスプレイなど工夫とユーモアにあふれています。 

今年の春の陶器市も残りあと2日!!!

ぜひ、益子陶器市に足を運んでみて下さい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

益子春の陶器市 5日目の様子

GW中日の日曜日。天気は晴れ。益子町内は人人人!!!と家族連れや友達同士など沢山の方に来ていただきました。

 今日は約4万8千人の方が益子町に来て下さいました。

 

 

今回から始まった益子巡回バス、遠くの駐車場に停められた方などは荷物の多い中歩かなくても大丈夫なのでこても好評です。

 

 

 

 

 

 

今日は益子町の常設のお店さんを中心にご紹介♪

 

陶庫

 

もえぎ城内坂店

 

 

知床窯益子ギャラリー

 

 

こうじんや

 

 

長豊陶苑

 

壷々炉

 

益子春の陶器市 4日目の様子 

益子春の陶器市も4日目。本日もお天気に恵まれ多くの方が朝から陶器市を楽しまれています。
また、今日からゴールデンウィークという方も多いのではないでしょうか?
益子春の陶器市も2~4日が大変混みあうのでは、、と予想をしております。
大型連休をおおいに楽しんでください♪

今日は約4万4千人の方が益子町に来てくださいました。 

 

 里山通りをのんびりと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月2日~5月6日まで巡回バス運行。30分間隔で1回100円です♪

 

 

 

5月2日~6日までましこのマルシェにて、益子おかまグルメ販売してます!

メニューは

お釜玉うどん

お釜水餃子

お釜苺アイス

すべてお釜付きで600円♪

 

 

 

お釜苺アイスあま~いとちおとめが沢山&アイス3個分が入ってお釜付き♪

 

 

濱田庄司記念 益子参考館

ゴールデンウィークに入り益子町は陶器市一色です。今年はお天気にも恵まれ多くの方に益子町を訪れていただいております。

濱田庄司記念 益子参考館は世界的に有名な人間国宝濱田庄司氏の作品や蒐集品が展示されています。
ぜひ、みなさんには益子を代表する濱田庄司氏の世界を味わっていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年行われた濱田庄司登り窯復活プロジェクト

濱田庄司氏の窯に約40年ぶりに使用するという物語プロジェクトの舞台となった登り窯。

 http://www.mashiko-sankokan.net/noborigama-project/

 

 

益子春の陶器市 3日目の様子

益子春の陶器市3日目です!今日は午後からの人出が多かった気がします。駐車場も割とスムーズに入れ替わりがあったのではないでしょうか。

ゆっくり陶器市を楽しみたい方には平日がお勧めですね。

 今日は約3万7千人の方が益子町に来てくださいました。

 

 

今日はつかもとテント村をご紹介いたします。

つかもと本店敷地内にある「つかもとテント村」。敷地内では、ほかにも陶芸体験やお食事・美術館等一つの場所でいろいろ楽しめる のも特徴です。無料駐車場も1000台用意されています。

 

 

 つかもと本館

 

 

 

 今回はつかもと本館前に、イベントMAPが掲示され出店作家の場所もわかりやすくなっています。 

 

工房ふるやぁんテント前で、面白い椅子を発見!「たまのこし」という名前でとってもすわり心地がよかったのでみなさまもぜひ♪

 

 

 

ウズベキスタンに住んでいるナジロフさんの作品はとても深い青色が特徴。

 

 

青空絵付け体験コーナーでは素焼のお皿に絵付けを手軽にチャレンジできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

しんいちろう・ようこ窯の猫ちゃん。とっても愛らしくてほんわかしますね♪他にも猫ちゃん箸置きもひとつひとつ表情が豊か~♪

 

 

 

 

 

 

 明日もみなさまのお越しをお待ちしております♪