益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

日常の茶の間~八つの産地のお茶めぐり~(5/20~7/2)

日常の茶の間~八つの産地のお茶めぐり~PDF

日常の茶の間~八つの産地のお茶めぐり~PDF2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

期間:平成29年5月20日(土)~7月2日(日)

会場:益子焼販売店組合店舗

(民芸店ましこ・陶庫・もえぎ城内坂店・もえぎ本店・こうじんや・益子焼窯元共販センター・佳乃や・つかもと)

~内容~

●会期中の週末に参加店で八産地のお茶の試飲
●参加店で茶器、茶葉の展示販売(店舗により茶葉の販売をしていないところもございます)
●陶芸メッセ・益子ミニギャラリーで茶器の展示販売
●参加店をめぐるスタンプラリー開催

主催・お問合せ:益子焼販売店協同組合

栃木県芳賀郡益子町城内坂150
TEL:0285-72-6003
FAX:0285-72-5008
E-mail:moegi@be.to

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

古来から親しまれてきた日本茶。

近年ティーパックやペットボトルなどでお茶を愉しむ傾向が強くなってきていますが、その一方では、急須などを使い茶葉でお茶を愉しむということが年々減り続けています。

この企画は、現在の茶器、茶葉離れに少しでも歯止めをかけたいという思いが根底にあります。

確かにペットボトルやティーパック等は合理的で便利なものではありますが、少し時間があるたまの休日、親しい友人とお茶の時間には気に入った茶器や茶葉を使いお茶を飲むのもまた良しではないかと思います。

「まぁどうぞ」で始まる、身近なお茶の時間をお気に入りの茶器、茶ばから。

そんなことをこの一つの小さな企画を切り口に、改めて伝えていきたいと思っています。

新緑も目に鮮やかな季節。この機会にお茶を飲みながらめぐる益子のショートツアーを楽しんでみてはいかがでしょう。

熱く響く、四人の肉声「Leach、河井寛次郎、濱田庄司、柳宗悦 司会 座談会」上映会

ー熱く響く、四人の肉声ー「Leach、河井寛次郎、濱田庄司、柳宗悦司会座談会」上映会PDF

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

上映+トーク

2017年5月21日(日)14時~15時

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

上映「Leach、河井寛次郎、濱田庄司、柳宗悦 司会 座談会」1953年11月17日録音(著作・制作・写真提供 日本民藝館)

トーク 栃木県民藝協会会長 平野良和、濱田庄司記念益子参考館館長 濱田友緒

会場 濱田庄司記念益子参考館 4号館(上ん台)

栃木県芳賀郡益子町益子3388

0285-72-5300

http://mashiko-sankokan.net/

参加費 無料(ベット入館料が必要です。大人800円、年間パスポート2000円)

予約不要※5月30日(火)2号館にて上映のみ開催。

主催 濱田庄司記念益子参考館、栃木県民藝協会

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日本民藝館創設70周年記念事業として2005年から始まった旧柳宗悦邸修復工事において、SPレコード4枚が発見されました。B・リーチ、河井、濱田、柳により焼物について語られた内容で極めて示唆に富み、四人による音声資料は記録になく、恐らくこのレコードが唯一のものです。この貴重な資料を当館にて上映いたします。
上映後、当館館長・濱田友緒と栃木県民藝協会会長・平野氏によるトークも併せて行います。