益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生

うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生 (1)

うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生 (2)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

会期:2017年7月23日(日)~10月1日(日)

場所:益子陶芸美術館 陶芸メッセ・益子

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

7月23日(日)~10月1日(日)、益子陶芸美術館において、企画展「うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生」が開催されます。
暮らしを彩るガラス器の創作を追求し、日本のスタジオグラス界に足跡を残した二人の吹きガラス作家、舩紀倭帆(1935-2013)と濱田能生(1944-2011)による器の作品を当館で初めて展覧します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

交通ガイド

自動車
常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICから約20分
東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICから約25分
電車
東北新幹線または宇都宮線、JR小山駅下車
JR小山駅から水戸線下館駅下車、下館駅から真岡鐵道益子駅下車、徒歩25分
東北新幹線または宇都宮線、JR宇都宮駅下車
JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から東野バス益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分(片道1,150円(2015年7月18日改定))
バス
東武宇都宮駅、JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から東野バス 益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分
秋葉原駅より茨城交通高速バス「関東やきものライナー」 笠間・益子行き(約2時間50分)
陶芸メッセ入口下車徒歩2分
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

通常入館料
個人/団体(20名以上)
一般・大学生・高校生
600円(個人)/550円団体(20名以上)
65歳以上
300円(個人)/300円団体(20名以上)
小・中学生
300円(個人)/250円団体(20名以上)
幼児
無料(個人)/100円団体(20名以上)

65歳以上の確認は受付にて各種証明書等を拝見いたします。
身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保険福祉手帳の交付を受けられた方及びその方の介護者1名は無料です。
サロン・ミニギャラリーは入館無料でご利用いただけます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

お問合せ

益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子)
TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600
http://www.mashiko-museum.jp/

一般社団法人 益子陶芸国際協会事業 2017 益子新進気鋭作家英国凱旋展

益子新進気鋭作家英国凱旋展 (1)

益子新進気鋭作家英国凱旋展 (2)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

会期:2017年7月11日(火)~8月20日(日)
休館日:月曜日、7月18日(火)~22日(土)
時間:午前9時30分~午後5時

場所:益子陶芸美術館 第3展示室(入館は午後4時30分まで)

料金:無料

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

英国ゴールドマークギャラリーにおいて『益子アップ・アンド・カミング』展を成功させた益子の新進気鋭の作家5名の凱旋展を開催いたします。異文化に接しながら英国の窯業地を巡り、歴史に想いをはせ、偉大な陶芸家諸氏と出会った彼らが今後どのような作品を展開するのか、当社団としても楽しみにしております。ぜひ会場に足をお運びいただき5名の凱旋展作品をご覧ください。
一般社団法人 益子陶芸国際協会(MPIA: Mashiko Pottery International Association

第2回ビルマ汁フェスティバル後記&食べ歩きマップ

7月8日(土)第2回ビルマ汁フェスティバルが益子焼窯元共販センターにて開催されました。

益子のローカルフード!各店自慢のビルマ汁が食べられるとあって、会場は熱気で溢れていました。
14店舗が販売数を競い参加した今回のフェスティバルでは販売数が169杯・鶏ガラとんこつスープを使用したコクのあるビルマ汁を提供した
七井地区の「居酒屋いわや」さんが最高のビルマ汁に選ばれました。
これからの暑い季節にぴったりな夏野菜豊富ビルマ汁はとっても美味しいですよー!
ビルマ汁食べ歩きマップを見ながら、どうぞお出かけください♪