益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

「ツール・ド・とちぎ」開催に伴う通行止めについて

交通規制日時
平成30年3月25日(日曜日)午前11時20分頃から午後12時55分頃まで(場所によって異なります。)

規制区間
「茂木広域農道~大沢~北中~内町~城内~サヤド~経ヶ坂~大羽~栗生~引地~原・山本~荒町~長堤~道の駅ましこ前~真岡小林方面」の一部

PDF 交通規制のお知らせ(特定非営利活動法人ツール・ド・とちぎの会)

※交通規制が行われる道路は、規制時間に車・バイク・自転車・歩行などすべての通行が出来なくなります。規制内容を把握いただき、時間に余裕をもって行動するなどレース開催にご協力をお願いいたします。

お問い合わせ先
企画課企画係 0285-72-8827
ツール・ド・とちぎ実行委員会  028-680-6860

第8回益子の雛めぐりオープニングイベントが開催されました!!

2/10は益子雛めぐり♬オープニングイベント【雛カップル仮装コンテスト】が開催されました。12組の素敵な雛カップルが土舞台に登場し、決めポーズや衣装への思いなどをPRしを会場を沸かせていました。

【認定こども園たから幼稚園児の歌】

【益子町女声合唱団コーロフィオーレ合唱】

【城内坂パレード】

【注目の撮影スポット土雛階段飾り】

益子の町は雛祭り飾りや土雛階段飾り、参加店舗のお雛様や竹雛などとても華やかです。
さあ、楽しい益子の雛めぐり始まりました!!
益子ならではの雛めぐりをどうぞ♬

濱田庄司登り窯復活プロジェクトvol.2【窯出し】

2/11.12は益子参考館の登り窯にて「窯出し」が行われました。
窯から出された作品を参加者のみなさんの手で丁寧に並べられていきました。 約5000点、大小様々・色とりどりの作品は、伝統ある窯から生み出されました。
いよいよ、2/17.18は「登り窯祭」が開催されます。
工房・上ん台にて作品発表や「かさましこ風土~foodコート~」・ライブステージなどが予定されています!!
楽しみですね!

第8回益子の雛めぐり【2/10~3/4】

○期   間  2018年2月10日(土)~3月4日(日)
○場   所  益子町内各所
(益子駅・益子本通り・城内坂通り・里山通り・道祖土地区ほか)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今年で8回目を迎える「益子の雛めぐり」は、「見る・体験する・味わう・買う」をキーワードに2月10日(土)から3月4日(日)まで開催されます。
初日の2月10日(土)には、オープニングイベントお内裏様とお雛様に仮装したベストカップルを決める「雛カップル仮装コンテスト」を開催いたします。また、期間中の土日は、“おいしい”雛祭りを味わっていただける「雛マルシェ」も開催いたします。

~オープニングイベント「雛カップル仮装コンテスト」開催!!~

日時:2018年2月10日()10:50~13:00※雨天順延 2月11日()

場所:藍の道 町営駐車場 土舞台(栃木県芳賀郡益子町益子2163-3)

認定こども園たから幼稚園児の歌

益子町女声合唱団コーロ・フィオーレ合唱

雛カップル仮装コンテスト

審査結果発表後、雛カップル仮装コンテスト出場者によるパレードを行います。

(城内坂入口から益子焼窯元共販センターまで)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ■「雛カップル仮装コンテスト」
お内裏様・お雛様に仮装したカップルコンテスト。入賞者には、益子焼釉薬の名前の賞を贈呈。
○日   時  2018年2月10日(土) 10:50~13:00
○場   所  藍の道 町営駐車場 土舞台(栃木県芳賀郡益子町益子2163-3)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ■「雛マルシェ」


期間中の土日に開催。温かい飲み物や、ワークショップ、お菓子など多数出店
○日   時  2018年2月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)・3月3日(土)・4日(日)  10:00~15:00
○場   所  益子町城内坂交差点塚本ガソリンスタンド南向い(旧石塚土建建物内及び敷地)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

〇主催 益子の雛めぐり実行委員会
○問い合わせ  益子の雛めぐり実行委員会(益子町観光協会)
TEL 0285-70-1120 (益子町観光協会HP)
フェイスブックページ「益子の雛めぐり」

濱田庄司登り窯復活プロジェックトvol2【窯焚き 本焼き】

2月3日~6日まで窯焚き(本焼き)が行われました。
火入れ式では、参加者が次々と薪を入れ、最後に濱田晋作さんによって登り窯に火が入りました。
少しづつ温度を上げていき、5日午後からは温度1300度近くまで上がった窯からふきでる炎を見ることができる「攻め焚き」がはじまり、窯全体からあふれる躍動感を感じることができました。
プロジェクトのみなさんが交代で火をみつめながら、一丸となって取り組んだ窯焚きの様子が「登り窯復活プロジェクトFacebook」で沢山の写真と共に見ることができます。

★★

皆既月食特別観望会

益子町天体観測施設スペース250にて、131()に「皆既月食特別観望会」が行われました。

このスペース250の望遠鏡は屈折望遠鏡として北関東最大のもので、様々な天体現象を天体観測指導員の解説をまじえながら観望することができます。

赤銅色と呼ばれる赤黒い色の月はとても神秘的で、わずかな時間でしたがとてもきれいにみることができました。

益子町天体観測施設スペース250では、定期的に「ましこ天文台特別観望会」を開催しています。ぜひ、みなさんも参加してみてください。