益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

新緑の午後にバロック音楽のひととき mashiko sankokan presents

風にそよぐ新しい緑、梢に光あふれるこの午後、250年ほど前までさかんに親しまれた懐かしい楽器たちの会話に
じっと耳とかたむけてみましょう。古い家具たちも一緒に。

ゲオルク・フィリップ・テレマン(1681~1767ドイツ)
マラン・マレ(1656~1728フランス)
のアンサンブル作品を中心に。

出演
リコーダー recorder :手島ゆかり
ヴィオラ・ダ・ガンバ viola da gamba :堀あゆみ/山根健一

日時:2018年6月10日(日)午後2時~4時(会場午後1時半)
会場:濱田庄司記念益子参考館 上ん台(4号館)
参加費:大人2,000円/子供1,000円(小中学生)
入館料別途 大人800円/中高生400円がかかります。お得な年間パスポート2,000円もおすすめです。
定員:50名
未就学児はご遠慮願います。

ご予約・チケットのお求めは0285-72-5300(月曜以外9:30~16:30)濱田庄司記念益子参考館まで。

【ポタリングマップ片手にサイクリング】

↑「ましこポタリングマップ」

下記のアドレスからダウンロードできます

http://www.mashiko-kankou.org/pamphlet/image/pdf/j/bouldering.pdf

↑益子町観光協会のレンタサイクル

↑益子駅のレンタサイクルは台数も多いです

↑益子焼のお店が沢山ある城内坂通り

もうすぐ6月ですね。新緑の季節にレンタサイクルで益子の見どころをまわってみてはいかがですか?

益子駅では、2時間400円※追加1時間ごとに100円、益子町観光協会では、1日700円の自転車の貸し出しをしています。どちらも電動自転車でとても軽く乗りやすいです。

サイクリングを楽しんでいただけるように、「ましこポタリングマップ」をご用意していますので、ぜひ掲載されているモデルコースをまわってみてください♪

モデルコースは「SL&四季の花と文化財」、「パワースポット&アート」、「里山の自然満喫」の3つのコースをご紹介しています。

町全体が魅力いっぱいの益子町を満喫してください!

DL&SLもおか〜芳賀路まんぷく列車〜【5/12の様子】

5月12日()小山から茂木まで直通列車に乗って沿線のグルメを楽しむ「DL&SLもおか〜芳賀路まんぷく列車〜」が運行されました。

車内では、益子の大人気メニュー、キッチン絵里珈の「カツサンド」を味わっていただきながら、益子の魅力をPRしました。

益子駅では、やわらぎマーチングバンドの演奏・益子のマスコットキャラクター「マシコット」がホームでお出迎え。子供たちの明るい音楽と笑顔に乗客の皆様も楽しまれていました。

次回のまんぷく列車の運行日は6月16日()です。受付期間は、5月15日()から始まりますので、ぜひご乗車してみてください。

https://www.eki-net.com/travel/train/

★★★★

DL&SLもおか〜芳賀路まんぷく列車〜運転します!【5/12・6/16】

昨年のプレデスティネーションキャンペーンでも運転した、

小山駅から真岡鐵道茂木駅まで直通運転の「SL&SLもおか」がパワーアップ!

沿線の美味しいグルメを楽しめる”芳賀路まんぷく列車”として運転いたします。

512日(土)運転分は4/23 14:004/27 14:00に受付いたします。

お申込みお待ちしております(=´∀`)(´∀`=)

※こちらの商品はWeb申し込み限定となりますのでご注意ください。

詳しくはPDFファイルをご覧いただくか、https://www.eki-net.com/travel/train/ をチェック!

没後40年 濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより-

会期:4月15日(日)~7月16日(月・祝)

開館時間:9時30分~17時(入館は閉館30分前まで)

休館日:月曜日(4/30・7/16は開館)、5月8日(火)

場所:益子陶芸美術館 陶芸メッセ・益子

栃木県芳賀郡益子町益子3021

0285-72-7555

HP:http://www.mashiko-museum.jp/

◇◇◇

4月15日(日)~7月16日(月・祝)、益子陶芸美術館において、企画展「没後40年 濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより-」が開催されます。
アサヒビール大山崎山荘美術館所蔵の濱田庄司作品を当館で初めて大規模に紹介します。濱田庄司と半世紀にわたり親交のあったアサヒビール初代社長・山本爲三郎旧蔵の作品を中心に、初期の貴重な作例から益子時代の作品、山本家の暮らしを彩ったうつわまで約100点を展覧します。

【第101回益子春の陶器市9日目最終日】皆様ありがとうございました

本日をもって春の陶器市終了となります。9日間あっという間の陶器市でした。

今日の来場者は約3万1千人でした。

益子春の陶器市期間中(2018年4月28日~5月6日)の来場者数は、約39万人でした。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

そして出店者の皆様もおつかれさまでした。

 

 

 

ワグナー・ナンドールアートギャラリー庭園にて「EM’S(エムズ)オカリナ&ギターデゥオコンサートが行われました。

大小様々なオカリナとギターの演奏が新緑の中に、ゆっくりと響き渡っていました。

この春も多くのお客様にきていただいて、益子は大変賑わいました。

次の秋の陶器市は2018112()115()までとなります。

また皆様のお越しをお待ちしております!

 

【第101回益子春の陶器市8日目】

益子春の陶器市8日目

本日は、約4万7千人の方が来てくださいました!

ありがとうございました。

★★★★

青空が広がる本日の益子町。

子供の日ということもあって、家族連れやおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に来られる方が多かったように感じます。

陶器市には、可愛らしい動物の絵柄のお茶碗やコップ、モダンな器、どっしりとした伝統的な益子焼などなど沢山あります♪

大人から子供まですべての世代にぴったりな食器がそろっています。

食卓を想像しながらの器選びはとっても楽しいですよね。

明日はいよいよ最終日。行こうと思って、迷っている方はぜひ春の陶器市にいらして下さい。

【第101回益子春の陶器市7日目】

益子春の陶器市7日目
本日は、約5万4千人の方が来てくださいました!
ありがとうございました。
★★★★
朝方の雨・風が嘘のように晴れ渡った今日の陶器市。
各所で大賑わいの中、作家さんと楽しくお話したり、休憩所で一休みしたり、皆様の楽しそうな笑顔があふれていました。

 

【第101回益子春の陶器市6日目】

益子春の陶器市6日目
本日は、約3万5千人の方が来てくださいました!
ありがとうございました。

★★★★

朝は、小雨の降る中、1日雨が心配されましたが、あれよあれよという間に雨がやみ午後は、すっかりいつもの陶器市にもどりました。

祝日なのに、のんびりしてとても歩きやすい陶器市でした。

★★

 

SLも益子駅に到着し、かっこいいSLの姿に、子供たちは大喜びでした。

★★

現在、巡回バスの停留所でもある「鹿島神社」では、陶芸展「ザ・ミステイク」益子焼オークションも

5/5まで開催しています。
試行錯誤と多くの失敗の積み重ねの上に生み出された完成品。その失敗した作品にスポットをあて、なぜ失敗なのか・どこが不本意なのかを作者の方に解説・説明を一筆書いていただいたものを作品と一緒に展示し、自由入札式オークションで販売されます。
作者の思い知ることができる貴重な機会ですので、ぜひお立ち寄りください。

【メッセ茶席】

5月3日(木)・4日(金)、陶芸メッセ・益子/旧濱田庄司邸において、益子町茶華道協会によるメッセ茶席が行われます。
濱田庄司が実際に住んでいた茅葺きの邸宅でお茶を楽しむことができます。

【今日の陶器市】

明日は、大変混雑が予想されますので余裕をもって陶器市へ来られることをお勧めいたします。

【第101回益子春の陶器市5日目】

益子春の陶器市5日目
本日は、約4万人の方が来てくださいました!
ありがとうございました。

雨が降りそうな曇り空、風も少しあり、心地よい涼しさでした。
城内坂も連日の込み具合よりも落ち着き、歩きやすくゆっくり見やすい陶器市だったと思います。