益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

【アーティスト・イン・レジデンス2018秋】 ペニー・シンプソン[陶芸家・イギリス]9/18(火)~11/2(金)

アーティスト・イン・レジデンス2018秋 (1)

アーティスト・イン・レジデンス2018秋 (2)

ペニー・シンプソン[陶芸家・イギリス]9/18(火)~11/2(金)
益子国際工芸交流事業では、この秋益子陶芸美術館で開催する企画展「英国ラブリィ~派 自然を愛してThe Lovelyists-In Harmony with Nature」との連携企画でイギリス陶芸家ペニー・シンプソンを招聘します。
関連イベント
9/28(金)、10/23(火)14:00~16:00
場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内)
※入場無料、予約不要
普段の制作の様子を見ることができます。作家と自由に会話をしていただけます。時間愛出入り自由なので、お気軽にお立ち寄りください。
10/8(月・祝)13:30~15:30
場所:益子陶芸美術館 展示室
※要観覧券、予約不要、通訳あり
10/6(土)~14(日)は益子町民に限り無料入館できます。
企画展「英国ラブリィ~派 自然を愛してThe Lovelyists-In Harmony with Nature」を見ながら、陶芸家になった経緯やイギリス・デヴォン州の陶芸家の暮らしについて語ります。
10/18(木)13:30~15:30
場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内)
※入場無料、予約不要、通訳あり
刷毛目・搔き落とし・イッチンなどスリップを使ったうつわの装飾の実演と、タタラとろくろを組み合わせた制作を実演します。
※内容は変更になる可能性があります。最新情報は、Facebookにてお知らせします。
https://www.facebook.com/mashikomuseum/

お問い合わせ
益子国際工芸交流館(益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子内)
〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3021
TEL:0285-72-7555/FAX:0285-72-7600
ホームページ:http://mashiko-museum.jp/

土祭2018【9/15~9/30・10/7】

益子の土、風土、先人の知恵に感謝する新しいお祭り「土祭」。第4回目となる「土祭2018」が

9月15日(土)~30日(日)および10月7日(日)に開催されます。

 

名称|土祭2018
会期|2018年9月15日[土] ー 30日[日]・10月7日[日]
会場|栃木県益子町

主催|土祭実行委員会
共催|益子町
実行委員長|益子町長 大塚朋之
企画制作・運営|田野・益子・七井地区委員会、アート運営委員会

内容|展示、演奏会、講演会、映画上映、ワークショップほか
基本開場時間|10:00~17:00
ガイドブック|1,000円(税込、マップ・パスポート・スタンプラリー台紙付き)
※中学生以下および益子町民は無料
※セミナーなどの有料企画への参加はガイドブックが必要となります。

土祭は、2009年から3年おきに開催されており、「文化の力で地域を元気にする」という考えのもと、町内各所に現代アートの展示や町民の企画を開催し、地域の歴史や文化、様々な資源を掘り起し、「益子ならではの文化」を問い続けてきました。

 

土祭2018_1

土祭2018_2

◇◇◇◇◇◇

アート作品展示

 

田野・益子・七井地区に合計17名の作家が13会場に現代アートを展示します。

※現代アートは9/15[土]から9/30[日]までの間展示されます

 

主なプログラム

 

9月15日(土)

昔の益子探し

田野地区めぐり(9/15[土]~10/7[日])

手仕事村プロジェクト

川崎義博×角正之パフォーマンス

夕焼けバー(土舞台・土祭広場)

 

9月16日(日)

昔の益子探し

トークショー 赤坂憲雄×山﨑光男×石井匠「いのちの交歓~土と食の神話と現実」

サウンドパフォーマンス 鈴木昭男

トークショー 鈴木昭男×KINTA「日向ぼっこの空間」

手仕事村プロジェクト

原土プロジェクト

夕焼けバー(土舞台・土祭広場)

 

9月17日(月・祝)

トークショー 鞍田崇×大塚一弘「手と土」

手仕事村プロジェクト

原土プロジェクト

 

9月22日(土)

昔の学校給食を食べる

昔の益子探し

七井地区の歴史探訪

映画上映「僕らのカヌーができるまで」

トークショー 関野吉晴×髙山英樹×石井匠「いのちの交歓~生きること・旅すること・つくること」

手仕事村プロジェクト

 

9月23日(日)

どんど焼き体験

田んぼ広場

農の移り変わり展示

稲刈り体験

田野地区の紹介展示

真言八祖絵図展示

レクチャー 羽村太雅×植松琢磨「星の子が織りなす自然と美をめぐる」

手仕事村プロジェクト

原土プロジェクト

夕焼けバー(道の駅ましこ)

 

9月24日(月・祝)

食プロジェクト

手仕事村プロジェクト

原土プロジェクト

 

9月29日(土)

レクチャー 石井匠「いのちの交歓~芸術の在り処と行方」

レクチャー 阿久津裕彦×藤原彩人×石井匠「生命形態の歴史と環境」

手仕事村プロジェクト

夕焼けバー(真岡鐵道七井駅前)

 

9月30日(日)

昔の益子探し

手仕事村プロジェクト

宗次郎と子どもたちのジョイントコンサート(小宅古墳群)

宗次郎ソロコンサート(土舞台)

夕焼けバー(土舞台・土祭広場)

 

10月7日(日)

後・土祭(長堤八幡宮)

 

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

土祭in七井

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

土祭2018 (1)

土祭2018 (2)

地域プロジェクト

9/22(土)10:00~小宅古墳群いて開催(亀岡八幡宮駐車場奥)

美しい緑の間に古墳群を眺め、獅子舞、お囃子などで和み、すべてが精気をとりもどす。

くつろぎを満たす楽・遊・食・癒メニューでおもてなし。子供と一緒に大人も夢中になる企画満載。

土祭in七井

9/29(土)12:00~20:00七井駅前

ステージイベント12:00~19:30

伝統芸能をはじめ、園児や学生、地域団体のの歌や演奏をお楽しみください。

・益子芳星高校・下町、後町お囃子会・風のハーモニー・やわらぎ保育園・七井幼稚園

・陶の郷混声合唱団・七井中学校・大沢お囃子会、北中自治会・高野勉・浦壁進

・ティアレ・Joysmile・芦沼獅子舞保存会(敬称略)

ワークショップ13:00~18:00

お友達と、ご家族と、思い出に残る楽しい体験コーナーです。

・光る泥団子づくり(有料1,000円)

・竹とうろうづくり(無料)

・マイ箸づくり(無料)

夕焼けバー12:00~20:00

地域の人気名店がズラリ!肩を寄せ合い楽しい時をお過ごしください。

・とん太ファミリー・汁なし担担麺秋津・レストランふるさと益子・パン工房Boulange770

・瀬尾糀店・光の鳥・益子味噌加工所・益子町商工会青年部・ぐるめ号ドリーム・ストロベリーフィールズ・韓国料理ハノク・萩そばカフェ・金魚すくい(敬称略)

□夕焼けバー地区別開催日□

益子地区9/15(土)、16日(日)、30日(日)

田野地区9/23(日)

 

●お問い合わせ 土祭実行委員会事務局(観光商工課内)

TEL:0285-72-8873

HP:http://hijisai.jp

Facebook:https://www.facebook.com/mashikohijisai/

【ワグナー・ナンドール秋季展2018】

【ワグナー・ナンドール秋季展2018】は, 10月16日 火曜日から11月15日木曜日まで開催します。
会期中は月曜日休館です。
今回は10月15日が月曜日の為、◆16日火曜日より開館です。
連休中も月曜日休館ですのでご注意下さいませ。
併設展の五角堂ギャラリーでは、【渡邊惠美子 タペストリー展】を開催します。五角堂ギャラリーと庭園は無料でご覧いただけますので、是非お出かけください。
その他の情報はHPをご覧ください。
H P: http://wagnernandor.com/indexj.htm
お問合せ: 0285-72-9866
メール:  wagnernandor@gmail.com
——————————-
どうぞ宜しくお願い致します。

第10回益子さんぽ市【9/15~9/17】

さんぽ市会場案内PDF

益子さんぽ市は、陶器やガラス・木工・金属・布・衣類・アクセサリーなど様々な作家が出店するクラフトフェアです。おいしい飲食店の出店や、生演奏ライブステージもあります!うれしくなるモノいっぱい!の「益子さんぽ市」にぜひお越し下さい。

共販センター第一駐車場 にて開催します。駐車場は無料です。

開催日時:9月15日(土)・16日(日)10時~16時30分
9月17日(月)10時~16時

場所:益子焼窯元共販センター第1駐車場(栃木県芳賀郡益子町益子706-2)

 

駐車場:益子焼窯元共販センター南側駐車場

【アクセス】
自家用車:北関東自動車道真岡ICから約30分 益子駅から2km
東野バス:益子駅から道祖土上で下車、徒歩2分
益子駅から道祖土下で下車、徒歩2分
高速バス:陶芸メッセ入り口下車、徒歩3分

 

主催:里山通りの会・益子さんぽ市実行委員会
お問い合せ 益子さんぽ市実行委員会
oota55jp@ybb.ne.jp
(四季陶房)tel 090-7262-4600
ホームページ:http://sayado.net/

濱田庄司没後40周年企画 書道ワークショップ「筆にまかせて」【9/28・9/29】

 

 

今年が濱田庄司の没後40年にあたるのを記念して、濱田の世界により触れていただく企画として、
「書を観る」+「書を書く」の2部構成で、書道の魅力に触れていただくワークショップを開きます。
若い頃より書画を探求し、作陶における筆使いに生かした陶芸家・濱田庄司。彼が暮らし心を養った場で、味わい深い書の世界をお楽しみください。

1部では、館所蔵の書作品、書道具を特別に一堂に会し、鑑賞のコツや書の基礎知識をわかりやすくレクチャーします。
2部では、実際に、濱田庄司ゆかりの言葉を書いてみましょう。筆で書く面白さを体感しながら、生き生きとした線を生む筆の使い方を練習します。初心者の方や、久しぶりに筆を持つ方も安心してご参加下さい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日時・2018年9月28日.29日 13時〜16時
会場・濱田庄司記念益子参考館 上ん台
定員・各日10名 ご予約制
料金・3500円※入館料別途
備考・道具は全て当方でご用意しますので、手ぶらでご参加ください。
開始時間の10分前にはお集まりください。

お申込み方法・事前にお電話にてお申込み下さい。0285-72-5300(月曜除く9時半から16時半)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

講師紹介
小池汀蝶先生
書道家。幼少より文字と言葉に魅せられ書道を学ぶ。自在な線質でさまざまな書体を書き分け、伝統書法、自由創作、商業書道(ロゴ制作)など幅広い制作を行う。文字に宿る美を、風景や絵、織物のように描くこと、空間と響き合うような書の美しさを志している。茨城県笠間市にて「ことはな書道教室」主宰。www.teicho.info

※このイベントは「土祭2018」に関連企画として参加しています。

益子夜市後記

今年は雨が降ったりやんだりのお天気の中開催でしたが、とてもたくさんの方が益子の夜を楽しまれていました。

夜市は出店店舗もすごく多いので、どれにしようかとっても迷ってしまいます♪目の前で焼き立て~~、作り立て~~のいい匂いがあふれています。休憩用のベンチも各所に用意されているので過ごしやすく、ゆったりした中で益子のお酒やジュースピザや唐揚げなどを味わいながら魅力あふれる音楽ステージを楽しむことができました。

ヨルノマシコモとってもステキ。また、来年楽しみですね。

ひまわり祭り【8/11~8/19開催】/開花状況

※終了いたしました

ひまわり・コスモス (1)ひまわり・コスモス (2)

約10haの広大な範囲に約200万本のひまわりが咲き誇り、多くの品種のひまわりが楽しめます。
また、土日には農産物の直売も実施されます。

【イベント期間】

2018年8月11日(土・祝)~8月19日(日)

オープニングセレモニー
2018年8月11日(土・祝)10:00~

【会場】益子町上山地区

ひまわり祭り会場へのアクセス
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page000385.html
◇◇◇◇
駐車場は9時~16時
最終日(8/19)は9時~14時
◇◇◇◇
交通アクセス(車でお越しの場合)
☆北関東自動車道真岡インターチェンジから国道294号又は121号経由で約20分
☆北関東自動車道桜川筑西インターチェンジから県道つくば益子線経由で約20分
☆東北自動車道宇都宮インターチェンジから国道123号経由で約60分
☆常磐自動車道水戸インターチェンジから国道123号経由で約60分
◎ナビでのアクセス
☆和の家(なごみのいえ) 住所:栃木県芳賀郡益子町大字上山125-2
電話:0285-72-8899
【お問合せ】 ましこ花のまちづくり実行委員会(益子町中央公民館内)
0285-72-3101
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/dir000394.html
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【ひまわりの様子】
8/12(日)
7〜8分咲きとなっております
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
8/11(土)

 

 


 

 

 

益子のひまわり畑では、ひまわり祭りオープニングセレモニーが行われました。3町のマスコットキャラクター上三川町の“かみたん”、野木町の“のぎのん”、益子町の“マシコット”も登場し、子供たちも大喜びでした。お天気にも恵まれ快晴の中、特設展望台からの眺めも素晴らしかったです。ひまわりに囲まれた写真が撮りやすいように、ひまわり畑の中に台や脚立が設置されていました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
8/10(金)
現在、5分咲き程度となりました!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
8/9(木)
台風の影響もなく、ひまわりが2分咲き程度となりました。
だんだん、ひまわりが咲き始めています。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
8/3(金)

連日、暑い日が続きますね。
益子町も現在34度!!とても暑いです。

現在、ひまわりはつぼみの段階です。

「ひまわり祭り」会場では、皆様に一面に広がるひまわりを見ていただけるようにただいま展望台の設置作業中です。
8/11からの「ひまわり祭り」が待ち遠しいですね♪

工芸を感じてみよう 藍の生葉染め体験と、世界の染織物を鑑賞するワークショップ【8/23】

日時:2018年8月23日(木)9時15分(受付) 9時30分~12時30分
講師・滝澤裕子さん(染色家)

場所:益子参考館(栃木県芳賀郡益子町益子3388)

定員16名
参加費(入館料込み)
大人3,000円/中高生2,600円/小学生2,000円(大人の方の同伴をお願いします)
パスポート会員2500円

ご予約はお電話にて。
先着順にてお受けいたします。
0285-72-5300(月曜除く9時30分〜14時30分)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

濱田庄司は陶芸の仕事をする上で、様々な工芸品を直にその眼で見、技法や表現方法からヒントを得て、自分の作品作りに活かしていました。その中でも染め織物から影響を受けていたことが、彼の収集の多さから見て取れます。
また、益子で実践した「ロウ抜き」と言われる陶芸の技法は、沖縄の「ろうけつ染」から着想したと述べていますし、風土に根ざした真面目な仕事ぶりを重視していた彼は、益子に古くから続く藍染工房の作務衣を愛用するなど、染織の世界は濱田が大切にしていたものの1つなのです。
今回のワークショップでは、益子在住の染色家・滝澤裕子さんを講師にお呼びして、濱田の収集品の解説や藍染の歴史のレクチャーを聴いたり、夏が旬の藍の生葉を使って布地による発色の違いや、様々な技法を体験します。
工芸やものづくりのある暮らしが遠のいて久しい現代に生きる私たちですが、作品やものづくりの作業に触れることで、ご一緒にその世界を感じてみませんか?その昔、人々の身近にあった藍染の世界を、皆さんの生活の中に持ち帰っていただけたらと願います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ワークショップ内容

藍の生葉を使っての染め物体験と、館所蔵の染め織物を解説とともに鑑賞します。
染め物の作業を野外で行いますので、汚れても良い服装でお越しください。
染める物は、スカーフ二種、アームカバー(日除けカバー)よりお選びいただき、お持ち帰りできます。

あちこち青く染まりますので、汚れても良い服装で。日避けの帽子、タオル、ゴム手袋、筆記用具をお持ちになることをお勧めします。