益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

企画展「英国ラブリィ~派 自然を愛して」

★★★★★★★★★★★★★★

開催期間:2018年10月6日(土)~12月9日(日)

場所:益子陶芸美術館/陶芸メッセ益子(栃木県芳賀郡益子町益子3021)

お問い合わせ:0285-72-7555

 

私たちは昔から暮らしの中でまわりの自然に目を向け、時に自然を畏れたり、自然の美しさに感謝し、埴輪や土器に自然から得た文様を描いてきました。英国においては17世紀のスリップウェアを彩る文様として自然界の花、木、鳥などの動物、そして物語を描いてきました。本展で紹介する英国ラブリィ〜派の陶芸家たちは都会を離れ、自然の中で作陶をし、自然に感謝するように文様を描き、暮らしぶりを豊かにするような器を作り続けています。それは単に器をかわいらしく見せる安易な焼物ではありません。

本展では6名の英国陶芸家の作品を紹介します。日本で紹介される機会の少ない、彼らの新鮮な暮らしぶりを反映した器と出合う好機となるでしょう。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

同時関連展示

「英国 魅惑のスリップウェア」

会場:益子陶芸美術館 2階展示室
フィリップ・リーチ(2014年招聘)、クライヴ・ボウエン(2015年招聘)など、英国のスリップウェアを紹介します。

関連企画

アーティスト・イン・レジデンス in 益子 2018 秋 ペニー・シンプソン/ Penny Simpson

2014年5月に益子町で始まった益子国際工芸交流事業では、益子町と国内外のアーティストの交流促進や、益子の陶芸 (工芸)文化の共有を目指し、作家の招聘事業や教育普及プログラムを実施しています。今秋は、本展の紹介作家である イギリス陶芸家ペニー・シンプソンを招聘します。滞在中は益子の原料での作品制作のほか、交流イベントを行います。

ギャラリートーク

2018年10月8日(月・祝)①午後1時30分~3時30分/②午後3時30分〜4時 ※終了いたしました

場所:益子陶芸美術館 展示室
①本展を見ながら、ペニー・シンプソンが陶芸家になった経緯やイギリス・デヴォン州の陶芸家の暮らしを語ります。
②英国・リーチ工房のリビー・バックリー館長が、益子町の友好都市であるセントアイヴスやリーチ工房について、紹介します。
*要観覧券、通訳あり、事前申込不要

作業公開日

2018年9月28日(金)、10月23日(火)午後2時~午後4時

場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内)
*入場無料、事前申込不要

制作実演ワークショップ

2018年10月18日(木)午後1時30分~午後3時30分

場所:陶芸工房(陶芸メッセ・益子内)
*入場無料、通訳あり、事前申込不要

益子国際工芸交流事業 | Mashiko Museum Residency Program

益子焼関係団体振興協議会「海外販路についての勉強会」

 

 

 

 

 

 

 海外販路についての勉強会

セミナー申込書

 

 

海外における器のニーズと販路としての可能性を探るために、アジア市場(主に台湾、中国)

を中心としたマーケットリサーチ(販売、流通、等)のためのセミナー(全4回)を開催します。

日時:第1回平成30年11月8日(木)14:00~16:00

場所:窯業技術支援センターとちぎの器交流館(益子町益子695) 県窯業技術交流会と合同実施

対象:益子町内にて拠点をお持ちの窯業関係者で、海外にご興味をお持ちの方(作り手、売り手の皆さま)

申込期限 11月5日(月)

申込方法 申込書にご記入の上、下記宛てFAXまたはメールでお申し込みください。

申込・問合せ先 益子焼関係団体振興協議会 益子焼PRチーム

事務局(窯業技術支援センター)TEL/028572-5221 FAX/0285-72-7590

メール/yougyou-gc@pref.tochigi.lg.jp

 

「西川氏の海外での活動実績の紹介、海外の器マーケットの実状と展望」

Jikonka台北店での展示会の様子、東京店における卸先海外ディーラーの趣向など。

また、ゲストに笠間の額賀氏を迎え、米国に関する実状も伝えます。

●講師 Jikonka 代表 西川 弘修(にしかわ ひろのぶ)氏

●略歴 服、うつわ、骨董、食。衣食住にまつわることのひとつひとつを

丁寧に選び、使うことで暮らしを豊かにする愉しみを提案。

1998年、三重県関宿にギャラリーを開いて以来、2010年に、東京・

世田谷にギャラリーを開設。2012年には台北に出店。

現代日本の工芸と生活を世界にまで伝えたいと考えている。

 

○今後の予定( 日時が決まり次第 案内いたします。)

・第2回 平成30年12月 海外のギャラリーオーナー、バイヤーとの意見交換①

・第3回 平成31年1月  海外のギャラリーオーナー、バイヤーとの意見交換②

※それぞれ台湾、中国、米国のいずれかを対象

・第4回 平成31年2月  今年度のまとめと次年度での取り組みについて

※第1回~4回まで継続的な内容となりますので、可能な限り4回全てにご参加いただきますようお願いいたします。

平成31(2019)年度(第51期)栃木県産業技術センター窯業技術支援センター伝習生募集について

第51期伝習生募集チラシ

H31伝習生募集要領

窯業技術支援センターでは、県内の伝統的地場産業である益子焼をはじめとする
陶磁器産業を支える後継者の育成を図るため、伝習生を募集し、ロクロ成形など
作陶に関する基礎的な知識・技術を習得できる研修を実施しています。
研修期間は1年間(平成31(2019)年4月~平成32(2020)年3月※土日祝祭日を
除く)です。

定員
10名以内

対象
将来県内で窯業に関する業務に従事しようとする方

研修費用
無料

募集期間
平成30(2018)年11月1日(木)~平成30(2018)年11月26日(月)必着

選考試験
平成30(2018)年12月7日(金)

申込方法
来所または郵送(封書)
出願に当たっては、募集要領を必ずお読みください。
見学は随時受け付けております。

申込・問合せ先
栃木県産業技術センター窯業技術支援センター
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子695
TEL 0285-72-5221  FAX 0285-72-7590