益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

【あじさい祭り】あじさい公園あいじさいの様子【6/29時点】

【6/29時点】

大祓式・夏越祭、陶板大神輿渡御が行われました。

雨が降る中多くの方が、境内に作られた茅の輪をくぐり熱気あふれる陶板神輿を楽しんでいました。

あじさいは、太平神社周辺は見頃を迎えました。

【6/27時点】

徐々に咲き始めてきました。

【献花祭6/24】

太平神社にてあじさい祭りの献花祭が行われ、

4人の巫女に扮した可愛らしい稚児が、あじさいを奉納しました。

夜は、献燈講社祭・点灯式が行われます。ライトアップされたあじさい公園をお楽しみください。

太平神社のあじさいの様子【6/21時点】
まだ、咲きはじまったところです。見頃は、7月上旬になると思われます。
あじさい祭りは6月24日(月)~7月25日(木)まで。駐車場は鹿島神社右脇駐車場となります。

あじさい祭り(6/24~7/25)

【開催期間】2019年6月24日(月)~7月25日(木)

【場所】太平神社(あじさい公園内)

駐車場:鹿島神社東側

★★★★★★★★★★★★

献花祭
6月24日(月)10:00~

献燈講社祭
6月24日(月)19:00~

大祓式・茅の輪くぐり、陶板大神輿渡御
6月29日(土)18:00~

★★★★★★★★★★★★

6月24日(月)~7月25日(木)、太平神社(あじさい公園内)においてあじさい祭りが開催されます。
あじさい公園内に約5,000株のあじさいが咲き誇ります。祭り期間中、あじさい公園内にある太平神社で稚児が巫女に扮し、あじさいを奉納する「献花祭」、地元特産の益子焼で制作された「陶板大神輿渡御」、境内に作られた茅の輪を3度くぐる「大祓式・夏越祭」が行われます。
また、境内の400個以上の提灯は、夏祭り・祇園祭が終了する7月25日まで点灯されます。

お問い合わせ

鹿島神社 TEL:0285-72-6221
http://kashimajinja.com/

「ましこ悠和館」開館式典・一般公開開始

当時の趣を残し改修された「ましこ悠和館」開館式典が6月12日に行われました。

明治15年に栃木県日光市で「南間ホテル」の名称で創業し、皇太子時代の上皇陛下が学童疎開の折に滞在されていた建物です。そして、終戦当時、「終戦の詔書」の玉音放送を聞かれた「御座所」の間が今に残ります。
昭和48年に益子焼窯元㈱つかもとが建物を譲り受け益子町へ移築、旧南間ホテル別館は「平成館」と名を改め、平成28年に益子町へ寄贈されました。
新たな名は一般公募により選ばれた「ましこ悠和館」。
末永く平和の尊さを伝える建物、ゆったりと心和むお宿をイメージして付けられました。ロゴのカラーは益子焼を代表する5つの釉薬の色を使用しています。【青釉・黒釉・柿釉・灰釉・飴釉】
現在は、「御座所」「平和のギャラリー」「客室」が一般公開されています。
【期  間】 6月13日(木)~
【場  所】 ましこ悠和館「御座所」、「平和のギャラリー」、客室公開
【開館時間】 平  日 13:00~16:00
休祝祭日 10:00~16:00
【入場料】  100円
お問い合わせ
益子町観光商工課 TEL:0285-72-8846

ましこdeカフェ2019の様子

人気のカフェが集まった「ましこdeカフェ2019」が6月9日(日)道の駅ましこにて開催されました。
広々とした芝生広場内では、カフェエリア、フードエリア、パン・菓子エリア、手仕事エリアと4つにエリア分けされているのでわかりやすく、また音楽を楽しみながら、のどかな田園風景を眺め、のんびりコーヒータイムを楽しめました。

ましこ悠和館「御座所」「平和のギャラリー」を一般公開

ましこ悠和館外観

外観

外観(正面)

御座所

平和のギャラリー

★★★★

 

「ましこ悠和館」がこのたび開館いたします。

6月13日(木)からは「御座所」「平和のギャラリー」も一般公開されます。

「ましこ悠和館」は、明治15年に栃木県日光市で「南間ホテル」の名称で創業し、皇太子時代の上皇陛下が学童疎開時に滞在されていた建物です。そして終戦当時、「終戦の詔書」の玉音放送を聞かれた「御座所」の間が今に残ります。

★★★★
期  間】 6月13日(木)~
【場  所】 ましこ悠和館「御座所」、「平和のギャラリー」のみ
【開館時間】 平  日 13:00~16:00
休祝祭日 10:00~16:00
【入場料】  100円

★★★★

お問い合わせ

益子町観光商工課 TEL:0285-72-8846