益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

【お得なクーポン販売※数量限定】益子de宿泊&体験クーポン Welcome to Mashiko~里山でゆったり、のんびり~(販売は7月1日~)

益子町内、約40施設・店舗(体験・宿泊など)で使えるお得なクーポンを発売!!10,000円のクーポンが5,000円でご購入いただけます。栃木県在住の方に、お一人様2セットまで、先着800セット限定で販売いたします。
益子の自然を満喫しながらのんびりゆったり益子時間をあじわおう♪
【販売・利用期間】令和2年7月1日(水)~令和2年11月30日(月)
【販売場所】道の駅ましこTEL0285-72-5530

【購入方法・販売条件】
●道の駅ましこの窓口にて7月1日より直接販売。(電話受付可能)
●電話受付:道の駅ましこTEL0285-72-5530(午前9時~午後6時まで)※毎月第2火曜日定休・8月のみ第1火曜日定休
●クーポンの引き渡しは「道の駅ましこ」となります。
●クーポン購入時のお支払いは現金のみとなります。
●栃木県在住の方のみ、お一人様2セットまで購入できます。
●購入時に住所を確認できる身分証明書(免許証・保 険証など)をご提示いただきます。

【注意事項】
●転売はできません。

●本券は他のサービスとの併用はできません。

●益子 de 宿泊&体験クーポンは、益子町内の取扱店のみでご利用いただけます。

●宿泊と体験の予約は直接購入者がお願い致します。
●利用できる対象商品は各店舗でお確かめください。
●有効期限(令和2年11月30日)以降はご利用いただけませんのでご注意ください。
●益子 de 宿泊&体験クーポンでのお釣銭のお渡し及び現金との引き換えはいたしません。
また購入後の払い戻しもできません。
●益子 de 宿泊&体験クーポンの盗難・紛失または滅失等の場合、発行者はその責任を一切負いません。

【ホームページ】
http://coupon.mashiko-kankou.org/

<お問合せ>益子町観光協会0285-70-1120

令和2(2020)年度 栃木県産業技術センター 窯業技術支援センター 体験型短期研修

窯業技術支援センターでは、窯業に関心のある方を対象に、ロクロ技術や窯業業界の現状を学ぶ、1日体験研修を行います。当センターの伝習生・研究生に関心のある方、将来、製陶業に従事したい方など、奮ってご参加ください。

 

1 日 時

令和2(2020)年8月20日(木)

9:45~15:00(昼休憩:12:00~13:00)

2 場 所

窯業技術支援センターとちぎの器交流館

3 研修項目

・オリエンテーション:センター概要等説明

・業界の現状説明、意見交換、施設見学       (1時間程度)

・釉薬調合:自動乳鉢を用いた二成分調合、釉掛け  (1時間程度)

・ロクロ成形:土練り、基礎的な器成形       (2時間程度)

・個別相談(15:00~順次実施) ※希望者

4 定員・料金

  定員:6名   料金:無料

  ※ 応募多数の場合には抽選となります。応募者には改めて結果等の連絡をいた

します。

5 申込締切

令和2(2020)年8月5日(水)

6 申込方法

受講申込書にご記入の上、下記宛てFAX、メール、郵送のいずれかでお申し込みください。

7 申込・問合せ先

栃木県産業技術センター窯業技術支援センター

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子695

TEL 0285-72-5221 FAX 0285-72-7590

メール yougyou-gc@pref.tochigi.lg.jp

 

※   11月に同様の研修を実施します。募集は改めて行います。

・実施日(2回):令和2(2020)年11月10日(火)

令和2(2020)年11月15日(日)

 

高速バス「関東やきものライナー」一部再開のお知らせ

高速バスPDF

茨城交通高速バスをご利用頂き誠にありがとうございます。この度、新型コロナウィルスの感染拡大による移動需要の減少に伴い、全便運休後、一部再開しておりましたが、7月3日(金)以降はさらに一部の便にて運行再開し、上り3便・下り3便のみの運行と致します。今後は状況を鑑み、増回及び平常運行時期を判断させていただきます。詳細は弊社ホームページ等でお知らせいたします。お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

運行に関するお問合せ

茨城交通笠間営業所

TEL:0296-72-0141(7:30~18:10)

http://www.ibako.co.jp/

令和2年度「日本遺産」に認定されました!

このたび、益子町が笠間市と共同で申請していました日本遺産「かさましこ~兄弟産地が紡ぐ‘‘焼き物語”~」が令和2年6月19日に認定となりました。

文化庁より令和2年度日本遺産認定の発表があり、全国から申請された69件の中から21件が認定となりました。

なお、今回の認定は2018年の「明治貴族が描いた未来~那須野が原開拓浪漫譚~」・「地下迷宮の秘密を探る旅~大谷石文化が息づくまち宇都宮~」に続き、県内では4件目の認定となります。

日本遺産とは、地域の歴史的な魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定するものです。

地域の文化財群を総合的に整備・活用し、国内外に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としており、今回の認定で合計104件となりました。

詳しくは益子町のホームページへ
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page002737.html

英国で始まり ―濱田・リーチ 二つの道―

★★★★

「英国で始まり」とは、濱田庄司 (1894~1978) が自身の半生を回顧した有名な言葉「私の陶器の仕事は、京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」の一節です。

濱田は今から100年前の1920年、バーナード・リーチ (1887~1979) とともにイギリスに渡り、南西端の港町セントアイヴスに東洋風の登り窯を築きました。そこから、イギリス近代陶芸の礎となったリーチ派の作家たちが生まれます。濱田の「英国で始まり」という言葉は、濱田自身の陶芸家としてのキャリアの第一歩ばかりでなく、イギリスにおけるリーチ派の始まりにも繋がっているのです。

本展では、リーチ派をはじめとする近現代イギリスの個人陶芸 (スタジオ・ポタリー) の系譜に焦点を当てます。イギリスでは、長い歴史の中で工芸的な用のものを制作するのは“職人”であると意識づけられてきました。濱田とリーチがセントアイヴスで陶芸を始めたことで、いかに“陶芸家”という意識が育ち展開してきたのか、作品を通して見つめます。

一方で、日本において陶芸は、桃山陶の時代からただの“モノ”ではない、ある種の美意識をもって実用品以上の評価をされてきました。そのような日本人としてのバックボーンを持ちながらもイギリスで始まった濱田の陶芸が、日本でいかなる影響を与えたのか、本展では、濱田以降の益子の近代陶芸の一端を紹介します。

イギリスと益子、二つの地で切り拓かれた陶芸の醍醐味を同時にみせる初めての展覧会です。現代イギリスを代表する作家から、益子の礎を築いた作家まで、60名による作品約170点が一堂に会します。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

開催期間:2020年6月28日(日)-11月8日(日)

開館時間:2月~10月       午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

     11月~1月       午前9時30分~午後4時(入館は午後3時30分まで)

休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)ただし、2020年11月2日(月)は開館、11月5日(木)は休館

場所:益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子(栃木県芳賀郡益子町大字益子3021)

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<アクセス>

自動車

常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICから約20分

東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICから約25分

電車

東北新幹線または宇都宮線、JR小山駅下車

JR小山駅から水戸線下館駅下車、下館駅から真岡鐵道益子駅下車、徒歩25分

東北新幹線または宇都宮線、JR宇都宮駅下車

JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から関東バス益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分(片道1,170円)

バス

東武宇都宮駅(西口1番バス乗り場)、JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から関東バス 益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分

秋葉原駅より茨城交通高速バス「関東やきものライナー」 笠間・益子行き(約2時間50分)

陶芸メッセ入口下車徒歩2分

<入館料>

一般・大学生・高校生(個人)600円(団体:20名以上)550円

65歳以上(個人)300円(団体:20名以上)300円

小・中学生(個人)300円(団体:20名以上)250円

幼児(個人)無料(団体:20名以上)   100円

※65歳以上の確認は受付にて各種証明書等を拝見いたします。

※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けられた方及びその方の介護者1名は無料です。

※サロン・ミニギャラリーは入館無料でご利用いただけます。

※陶芸美術館入館料免除申請書類についてはこちらをご覧ください。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<お問合せ>

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3021

TEL.0285-72-7555 FAX.0285-72-7600

http://www.mashiko-museum.jp/

益子参考館 企画展示「リーチと濱田」展

バーナード・リーチが濱田庄司を伴って、イギリスのセントアイヴズという地で東洋式の登り窯を築いて2020年で100年になります。それを記念し、館所蔵の作品、書物などから関連する作品を展覧し、リーチと濱田の交流、友情の軌跡を辿ります。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

濱田庄司記念益子参考館は、2020年5月30日(土)より通常通り開館いたします。お客様のお越しをお待ちしております。

依然として感染の恐れが続いております新型コロナウイルス感染症の拡大を予防するため、ご来館のみなさまには以下の点についてご協力のお願いをしております。

・マスクの着用

・展示物および施設へ不用意に手を触れないこと

・入館の際の手指の消毒(消毒液をご用意しておりますが、お手持ちの物でも結構です)

また、以下についてもご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

・体調の優れない方はご入館をお控え下さい。

・お客様同士の間隔を保つため来館者数により入場制限をする場合がございます。

2020年5月26日

公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

開催期間:2020年1月4日(土)~

休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

場所:濱田庄司記念益子参考館(栃木県芳賀郡益子町益子3388)

<アクセス>

●公共交通機関をお使いの場合

・東北新幹線/東北本線(宇都宮線) 宇都宮駅下車

 →関東自動車路線バス「益子駅前」行き50分→「益子参考館入口」下車 徒歩5分

・東北新幹線/東北本線(宇都宮線)小山駅→水戸線下館駅→真岡鐵道益子駅

 →益子駅より徒歩40分/タクシー10分

・秋葉原駅→関東やきものライナー(笠間駅経由)→陶芸メッセ入口下車 徒歩20分

●お車をお使いの場合

・東北自動車道 都賀JCT→北関東自動車道 真岡IC→益子(真岡出口より25分)

・常磐自動車道 友部JCT→北関東自動車道 笠間西IC→益子(笠間西出口より30分)

<入館料>大人800円 中高生400円 小学生以下無料

 年間パスポート2,000円

【お問合せ】

公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子3388

Tel/Fax 0285-72-5300

https://mashiko-sankokan.net/

小森忍・河井寛次郎・濱田庄司 ―陶磁器研究とそれぞれの開花―

日本の陶芸の発展に多大な功績を残した小森忍(1889-1962)、河井寬次郎(1890-1966)、濱田庄司(1894-1978)は、近代日本の陶磁器研究の拠点であった京都市陶磁器試験場で、日々釉薬等の研究に心血を注いでいきます。ここでの経験は、三人の制作の基礎となり、それぞれの陶芸の確立に大きく影響していきます。

以後、この三人は、置かれた境遇の違いにより、花開く時期、活躍するステージは異なりますが、常に刺激し合いながら、各々新しい表現への挑戦を重ね、その個性を磨いていきます。そして、現代の人をも魅了してやまない作品が多く生み出されました。

本展は、“陶磁器界の三天才”とも称されたそれぞれが追い求めた美の形、その個性と表現方法を制作年順に沿って紹介します。同時代を生き、生涯にわたり交友を持ち続けた三人の作品を通して、三人が確立した独自の陶芸の世界をご覧いただければと思います。

★★★★

開催期間 2020年4月12日(日)-6月14日(日)
休館日 月曜日(5月4日は開館)、5月7日
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 大人600円(550円)、小中学生300円(250円)
*( )内は20名以上の団体 / 65歳以上は300円(要証明)

お問合せ

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3021
TEL.0285-72-7555 FAX.0285-72-7600

http://www.mashiko-museum.jp/