益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス

益子参考館 円座8 年満月のすすはらい

開催日:2020年12月17日(木)10時~15時

一年、十二ヵ月の時が路新しい年を迎える前に、今年も益子参考館円座の会場のお掃除をします。晴れの日は落ち葉掃き。雨の日は、室内のほこり取り。

一年の汚れを払いながら、益子参考館の品々や自然と触れ合う機会となればと思います。ご参加お待ちしております。当日、泉’sBakeryによるパンの移動販売あり。

よろしければ、みんなでお昼をたべませんか?参加希望の方は前日までにご連絡ください。

 

■■■■

「円座」とは人々が輪になって腰かけること。

濱田庄司は生前、かつて住まいであり制作の場であった、ここ益子参考館で、囲炉裏や工芸品を囲み輪になり友人・来客と分け隔てなく語り合っていました。その輪は濱田庄司の温和な人柄の記憶とともに世代を超えた今でもリンクしています。しかし、時を経て記憶は薄らぎいでゆきます。生涯をとおして濱田が伝えたかった感覚・空気を今、掘り起こす必要があると考えます。

「益子参考館 円座」では、濱田の世界観を有している益子参考館という場所で、様々な角度から文化的イベントを通じ新たなひとの輪をつくり、今に生きる私たちがあらためて物を見る眼や感じる心を養いながら再発見・共有していくことを試みます。

【作業内容】

(建物の掃除)天井のすすはらい、掃き掃除、雑巾がけ、床磨き、ぬか袋作り、ハタキ作り

(庭の手入れ)落ち葉掃き

お願いなど

・汚れてもよいあたたかな服装でお願いします。

・軍手やタオル、マスクなどご自身でお持ちになられると助かります。

・12~13時はお昼休憩をはさみます。

途中参加退出も自由です。お気軽にご参加ください。

 

■場所:濱田庄司記念益子参考館 4号館周辺(栃木県芳賀郡益子町益子3388)

 ■料金:参加費・入館料無料(展示替え作業の為閉館中)

■お問い合わせ:ご予約・お問い合わせ

  濱田庄司記念益子参考館

  TEL:0285-72-5300(月曜以外 9:30~16:30)/info.sankokan@gmail.com

☆イベント情報ピックアップ☆

イベント情報
◇◇◇◇◇◇◇◇WEB◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

●益子WEB陶器市 2020秋【終了しました】
開催期間:2020年10月31日(土)9:00~11月10日(水)23:59
https://toukiichi.mashiko.online
今回は春を上回る230作家・窯元があつまり、総アイテム数は約8000種類以上。
関東最大規模のWEBオンラインショッピングイベントに成長しました。
初日は10月31日(土)午前9時からホームページが開きます。
<益子WEB陶器市の概要について>
送料・購入方法等はこちらのFAQページからご覧くださいませ
https://toukiichi.mashiko.online/pages/faq
お問い合わせ 益子WEB陶器市事務局
TEL:050-3627-5945(10:00~17:00)
メール:shop@mashiko.online

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●ヒジノワオンラインマーケット
2020年10月30日(金)夜OPEN~

https://hijinowa.net/market/
春秋の「ヒジノワ陶器市マーケット」に出品していただいている方々や、日頃からヒジノワを活用してくださっている作り手の皆さんの、陶器やクラフト品、手仕事品。そして、ヒジノワのオリジナルアイテムを販売。(通販サイト)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◇◇◇◇◇◇◇◇実店舗◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●益子焼窯元共販センター敷地内 〝ミニ陶器市〟開催【終了しました】
2020年度 第105回 秋の陶器市は中止になりました。
益子焼窯元共販センターでは、2020年10月31日(土)から11月3日(火祝)まで南正面
駐車場にて、〝ミニ陶器市〟を開催いたします。時間は、10時~16時。
小規模開催ではありますが、是非お立ち寄りください。

[益子焼窯元共販センター敷地内 〝ミニ陶器市〟の開催延長につきまして]

現在開催されております、益子焼窯元共販センター敷地内 〝ミニ陶器市〟につきまして、皆様のご要望にお応えしまして、開催期間を11月4日(水)まで延長させていただきます。なお、益子焼窯元共販センターは11月4日も営業させていただきます。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
場所:栃木県芳賀郡益子町大字益子706ー2
TEL:0285-72-4444
HP:http://www.mashikoyakikyouhan.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●やまに大塚 かさましこ認定記念「やまにSALE」【終了しました】
かさましこ認定記念「やまにSALE」2020年10月31日(土)-11月3日(火祝)
陶器店:やまに大塚本店・クラフトやまに・ギャラリー緑陶里にて10%OFF
場所:やまに大塚各店舗(栃木県芳賀郡益子町城内坂88)/TEL:0285-72-7711
HP:http://www.yamani-otsuka.co.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

●KENMOKU「korekara展」【終了しました】
開催期間:2020年10月31日(土)~11月8日(日)/10:00~17:00
場所:益子・見目陶苑(栃木県芳賀郡益子町益子3053-3)
35名の作家たちによるKENMOKU敷地内7ヵ所のギャラリーでの作品展示販売会です。
展示会場へは、マスク着用でいらしてください。入口では、人数制限をさせていただき、検温・消毒後、お名前の記帳をお願い致します。
駐車場は益子焼共販センター南側をご利用ください。
場所:栃木県芳賀郡益子町益子3053-3
TEL:0285-72-3160/FAX:0285-72-3160
E-mail:mashikokenmoku@kvj.biglobe.ne.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

●Mashiko Hamadagama Old Vintage Sale【終了しました】
濱田窯 窯物、濱田晋作、濱田篤哉、濱田友緒のデトックス品の販売会
約90年前に濱田庄司が益子に開いた窯元、「濱田窯」。この度濱田窯の倉庫で年代物の「濱田窯Old Vintage」品を蔵出しし、濱田とバーナード・リーチ氏の工房でもあった茅葺き屋根の長屋門限定ショップにて特別販売会を開きます。通常非公開の
リーチ氏が滞在した部屋や濱田窯の工房もご覧いただき、その歴史とともに「ものづくり」の場を味わっていただけたらと思います。
濱田が命名し、昭和27年創業の益子焼販売店「民芸店ましこ」が販売のお手伝いをさせていただきます。
日時:2020年11月13日(金)~11月15日(日)10時~16時
場所:栃木県芳賀郡益子町益子3387 濱田窯 長屋門
駐車場:濱田窯もしくは益子参考館駐車場をご利用ください。
お問い合わせ:民芸店ましこTEL:0285-72-2231
※1万円以上お買い上げの先着20名様に濱田窯オリジナルシート
※お買い上げの方全員にその場で、小さなお楽しみくじ引き
※「Boulange770」登り窯カレー、ぱあすちー「カフェましこ」のドリップコーヒー(14日のみ)
※お願い・ご来場の際は新型コロナウイルス感染症予防対策にご協力ください。(マスク着用、手指の消毒、検温、入場制限等)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●陶庫 a little やきもの市【終了しました】
焼物のお店が立ち並ぶ城内坂、陶庫駐車場にて『a littleやきもの市』開催
2020年11月14日(土)・15日(日)/出展者:南雲英則、矢口桂司
2020年11月21日(土)・22日(日)・23日(月祝)/出展者:岩見晋介・近藤康弘
場所:陶庫駐車場(栃木県芳賀郡益子町城内坂2)
TEL:0285-72-2081
https://mashiko.com/

【宿泊対象期間延長】とちぎに泊まろうキャンペーン!

宿泊対象期間延長<とちぎに泊まろうキャンペーンチラシ

【宿泊対象期間延長しました】

2020年7月22日(水)~2021年1月20日(水)

(応募は1月31日(日)まで、郵送は当日消印有効。)

◇◇◇

【応募資格】

宿泊対象期間に栃木県内の宿泊施設でお一人様3,000円税込以上の宿泊をされ、かつ日本国内にお住まいで賞品のお届け先が日本国内の方に限らせていただきます。

【プレゼント】

応募いただいた方の中から抽選で約3.5万名様に、栃木県の特産品をプレゼントいたします。

・特賞:栃木県内宿泊施設宿泊券6万円相当45名

・一等:とちぎ和牛サーロインステーキ3万円相当100名

・二等:栃木県の特産品1万円相当300名

・三等:栃木県の特産品3,000円相当約35,000名

【応募方法】

応募受付ページスマートフォン専用リンク先でレシート領収書を撮影して必要項目を入力して応募いただくか、郵送で事務局宛てに下記を送付いただき応募ください。

・対象となるレシート領収書(コピー可)

・宿泊施設の電話暗号、および応募者の氏名、住所、電話番号、年齢を記載したもの(様式自由)

複数名で宿泊の場合、お一人様3,000円税込以上で、別の人物の応募であれば同一レシートまたは領収書で応募いただだけます。

<応募方法詳細>

●スマートフォンからの応募方法

①QRコードより応募サイトにアクセス

②レシートまたは領収書を撮影

③必要事項を記入し応募

●郵送での応募

①対象となる宿泊施設のレシートまたは領収書(コピー可)を用意

②宿泊施設の電話番号、および応募者の氏名、住所、電話番号、年齢を記載(様式自由)

③下記に郵送

郵送先:〒981-3291 泉西郵便局 私書箱25号

とちぎに泊まろうキャンペーン行

【当選・連絡方法について】

応募締め切り後、厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。

なお、お一人様の当選数は抽選毎に1回とさせていただきます。当選発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

なお、酒類を含む賞品の当選は20歳以上の方に限らせていただきます。

当選者の住所変更、不在などによりプレゼントの受け取りができない場合は当選を無効とさせていただく場合があります。なお、当選者の権利は、第三者へ譲渡することはできません。

プレゼントの発送は、日本国内に限らせていただきます。

詳しくは、とちぎに泊まろうキャンペーンホームページをご覧ください。

https://tpromotion.net/tochiginitomarou/

【お問い合わせ】とちぎに泊まろうキャンペーン事務局

TEL:0120-913-448

受付時間:10時~17時(土日祝日除く)

※2021年2月26日(金)まで

【みんなの思い出インスタグラムフォトコンテスト#真岡と益子】開催[終了しました]

お隣同士の真岡市と益子町。2市町とも毎年多くのイベントが行われています。そんな、真岡と益子の夏から秋の過去に撮影したイベント、行事、風景写真をインスタグラムにどんどん投稿して下さい♪入賞者の方には、“ちょっとすてきな”賞品をご用意しております。
沢山のご応募お待ちしております♪

【応募方法】
①フォトコンテスト公式アカウント( @furusato_hagano )をフォロー

②写真を投稿(真岡市と益子町で2018年~2020年に撮影された夏・秋の風景)

③応募タグ(#真岡と益子)、 写真のタイトル、 撮影地や撮影したイベント名、 撮影対象の感想やおすすめポイントをつけて投稿

【応募期間】

令和2年8月1日(土)~11月4日(水)[終了しました]

【ホームページ】

http://moka-kankou.org/photo-con/

<お問い合わせ>

真岡市観光協会  TEL:0285-82-2012

★★★★★


やわらぎ児童館子供たちの折り紙黄ぶなお配りしています!!【益子町観光協会窓口】

益子町のやわらぎ児童館の子供たちが、観光協会の会員の方々及び益子町来て下さった方々へ無病息災を願って「黄ぶな」を折り紙で折ってくれました。一つ一つ表情が違って、眼鏡をかけた黄ぶなやチョウチョのリボンをつけた黄ぶななど、みているだけで笑顔になってしまいます。

益子町観光協会窓口にてお配りしておりますので、どうぞお越しください。

※観光協会員の皆様で黄ぶなご希望の方は、益子駅舎内の益子町観光協会窓口までお越しください。

※数に限りがございます。

★★★★★★★★★

【黄ぶなのおはなし】

むかしむかし、栃木県の宇都宮の地で、天然痘というとてもこわい病気が大流行しました。人々は神様に「病気が治りますように」と一生懸命お祈りをしました。ある日のこと、村人が田川で釣りをしていると、不思議な黄色い色をした大きなふなを釣り上げました。病気で苦しむ人にそのふなを食べさせたところ、病気はあとかたもなく治ってしまいました。人々は、このことを神様のおかげと感謝し、病気除けとしてこの黄色のふなの張り子を作って飾るようになりました。

黄ぶなは宇都宮市の郷土玩具として、今でも地元で親しまれています。

↑観光協会では「吊るし黄ぶな」も展示してあります。

彼岸花街道(益子町梅ヶ内地区)/彼岸花や桜(益子町小宅古墳群)※10/2更新

彼岸花街道【2020年10月1日の様子】小宅古墳群彼岸花【2020年10月2日の様子】
益子町内各所の彼岸花の様子です。

彼岸花街道【2020年10月1日の様子】

益子町の梅ケ内地区にある彼岸花街道では、今が見頃となっています。
「ましこ世間遺産」にも選ばれたこの街道は、地域のボランティアの方が維持管理をしてくださっています。
毎年、美しい彼岸花が道路沿いや田んぼの畦道など約2kmにわたり咲いています。
場所は、本沼パーキング手前に「彼岸花街道」と大きな看板設置してあります。
近くには、そば畑も広がっています。

↑白いそばの花がきれいです♪

★★★★★

小宅古墳群彼岸花や桜【2020年10月2日の様子】

【2020年10月2日】

小宅古墳群では、、現在「彼岸桜」等が満開を迎えています。10月中旬位まで桜と彼岸花どちらも楽しめるのでぜひお出かけください。

【2020年10月1日】

益子町七井地区、亀岡八幡宮西側の小宅古墳群では、地域のボランティアの方々が彼岸花を3年前に5万球植え、2年前には七井小学校の生徒さんと3万球植え、やっと今年あたり一面に彼岸花が見られるようになったそうです。 現在は、4~5部咲きとなっています。斜面に広がる彼岸花は満開の時が待ち遠しいですね。

↑約300坪の広さに広がる彼岸花