益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス
濱田庄司没後40周年企画 書道ワークショップ「筆にまかせて」【9/28・9/29】
2018-08-13

 

 

今年が濱田庄司の没後40年にあたるのを記念して、濱田の世界により触れていただく企画として、
「書を観る」+「書を書く」の2部構成で、書道の魅力に触れていただくワークショップを開きます。
若い頃より書画を探求し、作陶における筆使いに生かした陶芸家・濱田庄司。彼が暮らし心を養った場で、味わい深い書の世界をお楽しみください。

1部では、館所蔵の書作品、書道具を特別に一堂に会し、鑑賞のコツや書の基礎知識をわかりやすくレクチャーします。
2部では、実際に、濱田庄司ゆかりの言葉を書いてみましょう。筆で書く面白さを体感しながら、生き生きとした線を生む筆の使い方を練習します。初心者の方や、久しぶりに筆を持つ方も安心してご参加下さい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日時・2018年9月28日.29日 13時〜16時
会場・濱田庄司記念益子参考館 上ん台
定員・各日10名 ご予約制
料金・3500円※入館料別途
備考・道具は全て当方でご用意しますので、手ぶらでご参加ください。
開始時間の10分前にはお集まりください。

お申込み方法・事前にお電話にてお申込み下さい。0285-72-5300(月曜除く9時半から16時半)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

講師紹介
小池汀蝶先生
書道家。幼少より文字と言葉に魅せられ書道を学ぶ。自在な線質でさまざまな書体を書き分け、伝統書法、自由創作、商業書道(ロゴ制作)など幅広い制作を行う。文字に宿る美を、風景や絵、織物のように描くこと、空間と響き合うような書の美しさを志している。茨城県笠間市にて「ことはな書道教室」主宰。www.teicho.info

※このイベントは「土祭2018」に関連企画として参加しています。