益子についてイベント情報益子焼き益子の文化パンフレットアクセス
【第101回益子春の陶器市6日目】
2018-05-03

益子春の陶器市6日目 本日は、約3万5千人の方が来てくださいました! ありがとうございました。 ★★★★ 朝は、小雨の降る中、1日雨が心配されましたが、あれよあれよという間に雨がやみ午後は、すっかりいつもの陶器市にもどりました。 祝日なのに、のんびりしてとても歩きやすい陶器市でした。 ★★   SLも益子駅に到着し、かっこいいSLの姿に、子供たちは大喜びでした。 ★★ 現在、巡回バスの停留所でもある「鹿島神社」では、陶芸展「ザ・ミステイク」益子焼オークションも 5/5まで開催しています。 試行錯誤と多くの失敗の積み重ねの上に生み出された完成品。その失敗した作品にスポットをあて、なぜ失敗なのか・どこが不本意なのかを作者の方に解説・説明を一筆書いていただいたものを作品と一緒に展示し、自由入札式オークションで販売されます。 作者の思い知ることができる貴重な機会ですので、ぜひお立ち寄りください。 ★ 【メッセ茶席】 5月3日(木)・4日(金)、陶芸メッセ・益子/旧濱田庄司邸において、益子町茶華道協会によるメッセ茶席が行われます。 濱田庄司が実際に住んでいた茅葺きの邸宅でお茶を楽しむことができます。 【今日の陶器市】 明日は、大変混雑が予想されますので余裕をもって陶器市へ来られることをお勧めいたします。

【第101回益子春の陶器市2日目】
2018-04-29

↑益子の地粉のお蕎麦があじわえます ↑大人気の真岡線のSL!益子発11時34分(茂木行き)、15時1分発(下館行き)です。※乗車券のほかにSL整理券が必要となります。 ★★★★★★★★★★★★★★★★ 益子春の陶器市2日目 本日は、約5万1千人の方が来てくださいました! ありがとうございました。 1つのお皿を選ぶのにも、いろんな作品をみて・触って選べるので、自分の好みにぴったり合う作家さん・作品に出会えます。 また、益子は広大なそば畑が多く、蕎麦は名物の一つでもあります。 陶器市には、打ち立ての蕎麦をその場で味わえるところもあり、お昼時には行列ができてしまうほど人気ですよ♪ 益子陶器市の範囲はとっても広いです。路地裏や坂道をのぼったり様々な場所に出店者のテントがあります。 たっぷり見て楽しみたいという方は特に、履きなれた靴・日差しが強いので日焼け対策をしてこられることお勧めいたします。 そして、明日も益子直行バス・巡回バス運行いたします。 【茨城交通関東やきものライナー高速バス直行便】秋葉原⇔益子 7時40分発(秋葉原駅)→10時40分着予定(益子駅) 16時30分(益子駅)→19時30分着予定(秋葉原駅) 【東野交通直行バス】JR宇都宮駅東口⇔城内坂交差点北(益子) 9時発(JR宇都宮駅東口)→10時着予定(城内坂交差点北) 16時30分発(城内坂交差点北)→17時30分着予定(JR宇都宮駅東口) 【巡回バス】約20分間隔で陶器市会場を周遊いたします