祇園祭2日目 御神酒頂戴式

 

祇園祭2日目の今日は、御神酒頂戴式。

 

祭の当番引継の儀式で、1年365日になぞらえ
3升6合5勺(約6.5リットル)入る大杯に注がれた熱燗を、
次の当番町の男衆10人が羽織袴姿で三杯飲み干します。

 

 

来年の当番町は道祖土(さやど)
蒸し暑い最中にたっぷりの燗酒。
みなさん扇子で仰ぎ、汗をかきかきお酒を飲んでいました。

 

 

 

飲み干すと自治会長が盃を頭上に掲げます。

何とか今年も無事にお酒を飲み干し、
次の当番町へと引き継がれました。

 

 

今日の夜から6町すべての屋台が出そろい、町内を運行し、

ますますお祭りムードが盛り上がります。

 

そして、最終日の明日が本番!

 

本通りは大変賑わいますので、ぜひ、益子の祇園祭にお越しください。