陶器市10日目 今日は降ったり止んだり…

 

 

陶器市10日目

 

今日の天気予報がいまいちでしたが、
朝からたくさんのお客様にお越しいただき、
一時城内坂通りは車と人で大変な混雑になりました。

 

あいにくお昼頃の強い雨で
帰られてしまったお客様も多く見られましたが、
その後は雨も上がり、またお買い物をお楽しみいただけたようです。

 

今日の観光客数は49,955名でした。

 

 

益子 春の陶器市も残すところ、あと1日。

まだお越しでない方も、お買い物に心残りのある方も

まだ1日ありますので、どうぞお越しくださいませ!

陶器市6日目 変わりやすいお天気でした

 

 

陶器市6日目
今日から5月ですね。

 

朝はパラパラと小雨が降っていましたが、
お昼近くから晴れ、
そして夕方からまたお天気急変して雨が降っています。

 

今日の観光客数は29,417名でした。

 

本日もお越しいただきましてありがとうございました!

陶器市 テント広場のようす③

~テント広場のご紹介~

 

<古窯いわした広場>

 

 

陶器市マップのD
>出店者情報はこちら
今回初めてできたテント広場ですが、
若手から中堅の、人気の作家さんが出店している注目テント広場です。

陶器の他にも作家さんが淹れるこだわりの珈琲や
タコス屋さんの飲食のテントも出店されています。

スペースもゆったりしているので、
陶器を見ながらほっと一息つけるテント広場です。

 

 

<じゃりん小径>

 

 

 

陶器市マップのE
>出店者情報はこちら

 

こちらはアジアン雑貨やカフェがちょうど入口にあるせいか、
ちょっとアジアの市場的空気が漂う楽しいテント広場。

おいしい匂いとお香の香りがほのかにする入口を抜けると、
陶器はもちろん、アンティークのテントなども軒を連ねます。

 

ほかとはちょっと違う雰囲気が味わえるこちらのテント広場は城内坂通り沿いにあります。
どうぞお立ち寄りください。

やきものライナー9月1日より土日祝日増便します

4月より運行開始しました、高速バスのやきものライナー

9月1日より土日祝日のみですが、増便となります。

 

 

※土日祝日のみ
益子駅発 7:20→ 秋葉原駅着 10:10
秋葉原駅発 17:00→ 益子駅着 19:40

 

また、茂木の直売所「さかがわ館前」バス停が新設されました。

 

詳しくは茨城交通HPにてご確認ください。
http://www.ibako.co.jp/contents/newsrelease/2013/08/3686.html

 

 

東京からのご利用も、益子からのご利用の方もどうぞご活用ください。

ビルマ汁講習会に参加してきました

もうすぐ夏、
夏といえばビルマ汁、という言葉が最近益子全体に浸透してきました。

 

かつては田町地区の家庭を中心にごく一部で食べられてきたビルマ汁ですが、
ここ何年かで少しずつ、ビルマ汁が益子内に広がりを見せ、各飲食店でも夏場に提供するようになってきました。

そこで、商工会青年部ではこのビルマ汁で、益子の食を盛り上げようと、飲食店の方を集めて、お店で作ってメニューに加えていただけるよう、ビルマ汁講習会を開きました。講師はもちろん本家の飯塚さん。

 

 

今年からは「益子の野菜でビルマ汁を作る」、ということを方針とし、

この日は益子の農家さん池の入農園さんのお野菜の提供で作られました。

 

とにかくお野菜は大きく切る、そしてナスの皮は筋状にむく、食べた時にビリビリするくらい辛めに仕上がるよう、
唐辛子も結構入れるというのがポイント。

 

大きいお鍋でたっぷり作るのがおいしさの秘訣ですね~

 

全体が煮えてきたら、トマトを最後に崩して加え、
仕上げにカレー粉を入れたら出来上がり。

 

 

お店で提供するものはそれぞれアレンジもありますが、
まずは本家の味を知っておかなければなりません。

 

 

益子の野菜でビルマ汁。これで益子焼で提供できれば完璧ですね。

参加者でおいしくいただきました。

 

ビルマ汁を食べられるお店はこちらからhttp://www.mashulin.com/burma/

今年はもう少し参加店が増えるかもしれません。
この夏益子に来たらぜひ、お召し上がりください!

 

また、8月末まではこちら渋谷ヒカリエのd47食堂でもビルマ汁の提供をしていますので、どうぞ!
http://www.hikarie8.com/d47shokudo/menu/

 

濱田窯 登り窯の火入れ

 

 

濱田窯の登り窯の火入れが行われていたので、
少しだけお邪魔してきました。

 

職人さんたちが蒸し暑いさなか、
さらに熱い窯の熱と格闘しながらの作業。

ちょうど薪をくべたところの穴からは炎が噴き出し、
窯の後ろからは黒い煙ももくもくと立ち上っていました。

 

 

実に厳しい環境での作業を通して生まれる器。
こういう現場を見て改めて思うのは、

やはり手仕事の品はお気に入りを見つけ、大事に使いたい、ということ。

 

年に2回は火入れをするという濱田窯の登り窯。

観光客の方も益子に来て、
作っているところや窯の火入れが見たいというお声もあるのですが、
実はなかなか作業中の工房には立ち入れませんし、
窯の火入れはタイミングもあります。

 

登り窯の火入れなどはこちらでも情報が入り次第、
ツイッターや新着情報などでお知らせしていきたいとは思いますので
ぜひ、チェックしてみてください。

秋葉原―益子 関東やきものライナー運行

 

4月18日から秋葉原から笠間を経由し、益子着の高速バスが運行いたします。

 

益子・秋葉原間は最短で2時間50分で、
片道2000円(小児1000円)
2枚組だと3400円で片道あたり1700円になります。
この2枚組チケットは往復利用でも、2人の利用でもOK。2枚チケット1枚で小児2名様もご利用可能です。

 

ぐっと東京からのアクセスが楽になります。
もちろん益子から東京へのお出かけにも便利。
秋葉原から東京スカイツリー、東京ディズニーランドへのバスにも乗り継ぐこともできます。

 

また、益子・笠間の連絡バスも1日1往復運行いたします。

 

益子の停留所は益子駅と、陶芸メッセ入口。
チケットは益子駅舎内の益子町観光協会でも販売いたします。
※こちらは4月以降の取り扱いとなります。

 

茨城交通の高速バス、どうぞご活用ください。

 

↑クリックすると拡大します。時刻表はこちらをご覧ください

 

問い合わせ先 
茨城交通株式会社 029-251-2335
益子町観光協会0285-70-1120

大誠窯にて登り窯火入れ

東日本大震災では益子の9割の登り窯が損壊し、
現在、少しずつ修復がすすめられています。

 

城内坂にある大誠窯も震災で登り窯が壊れ、

その年の7月から修復開始、約4か月かけ、2011年11月には完成しました。
その後、さらに質の良い作品を焼くために、乾燥を続けて、
ようやく本焼きの時を迎えることとなりました。

 

およそ3000近くの作品を焼くということです。
明後日まで火入れの様子を見ることができますので、
益子散策の途中にどうぞ、お立ち寄りください。

 

「益子花の会」ボランティアのおしらせ

「益子花の会」では円道寺池周辺に桜の花を植樹し、

花の名所にしようと活動をすすめています。
そのため、現在は荒れた状態の土地を整備し、篠や樹木の伐採の作業にあたっていますが、その作業をお手伝いしてくれるボランティアの方を募集しています。

足元が悪く、危険な作業になりますが、女性の方でもできる軽作業もあります。

チェーンソーや刈払い機をお持ちの方はご持参ください。
ぜひ、益子の花の名所を新たに作ることに、ご協力いただければ幸いです。

 

<今後の作業予定日>
2月7日(木)
2月17日(日)
2月下旬(小学生の植樹日)
3月14日(木)
3月24日(日)

篠刈・雑木等処分、道普請用砂利敷き、桜苗木運び、植樹用穴掘り、植樹用地の整備

※機器お持ちの方、ご持参ください。

バックホーン、軽トラ、チェンソー、刈払機、のこぎり、鎌、熊手、スコップ、唐鍬

 

いずれも9時に共販センター南側駐車場に集合です。

問い合わせ先:益子町観光協会0285-70-1120

お雛様の販売はじまっています♪

つかもと新作陶雛

 

新しい年のはじまりとともに、
益子焼各販売店では陶雛の販売や
雛人形の展示が始まっております。
 

陶知庵陶雛

 

 

陶知庵陶雛

 

やまに大塚陶雛

 

明るい花も添えられ、陳列棚も華やかに春の装いに。
さまざまな顔、姿かたちの陶雛がずらり。

 

小さい陶雛は、雛人形をお持ちの方でも、
気軽にもうひとつとお買い求めいただけるものばかりです。

今年の雛祭りに、陶雛を選んでみてはいかがでしょうか?