あじさい祭り(2024年6月24日~7月25日まで)

【開催期間】
2024年6月24日(月)~7月25日(木)

 【場所】
太平神社(あじさい公園内)

★★★★★★★★★★★★

献花祭

2024年6月24日(月)

大祓式・茅の輪くぐり

2024年6月29日(土)18時~

 

★★★★★★★★★★★★

太平神社(あじさい公園内)においてあじさい祭りが開催されます。

あじさい公園内に色とりどりのあじさいが咲き誇ります。祭り期間中、あじさい公園内にある太平神社で稚児が巫女に扮し、あじさいを奉納する「献花祭」、境内に作られた茅の輪を3度くぐる「大祓式・茅の輪くぐり」が行われます。

また境内の提灯は、夏祭り・祇園祭が終了する7月25日(木)まで点灯されます。

 

<お問い合わせ>

鹿島神社 TEL:0285-72-6221(http://kashimajinja.com)

益子町観光協会 TEL:0285-70-1120(http://www.mashiko-kankou.org)

 

竹耕藝 勝城蒼鳳  ~那須野が原に生きて~

益子陶芸美術館において「竹耕藝 勝城蒼鳳 -那須野が原に生きて-」展を開催します。

森羅万象の美を竹工芸へ映し出す詩情豊かな作風で知られ、昨年1月に逝去した栃木県大田原市の竹工芸家、勝城蒼鳳(1934~2023)の作品を紹介します。勝城は自らが目にした自然の景色を自由自在に竹で表現し、2005年には重要無形文化財「竹工芸」保持者に認定されました。半農半工を生涯続け、大田原の大地で育まれた竹を用いて創作した作品の数々をお楽しみください。

 

~開催期間~

2024年4月21日(日)-6月16日(日)

~休館日~

月曜(祝休日の場合は翌日)ただし春の陶器市期間中の4月30日(火)は開館

~開館時間~

9:30-17:00(入館は閉館30分前まで)

~入館料~

大人600円(550円)、小中学生300円(250円)

*( )内は20名以上の団体 / 65歳以上は300円(要証明)

県民の日【6月15日(土)】はすべての方が入館無料となります。

 

<同時開催企画展>

スポットライト 出和絵理 新たな磁土の表現

場所:益子陶芸美術館2階展示室

石川県で作陶する出和絵理は、光が透けるほど薄くのばした白い磁土を焼成し、放射線状に組み合わせる方法で制作しています。磁器の可能性を探る出和絵理の繊細で光と陰を感じる作品を紹介します。

~アクセス~

自動車

常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICから約20分

東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICから約25分

電車

東北新幹線または宇都宮線、JR小山駅下車

JR小山駅から水戸線下館駅下車、下館駅から真岡鐵道益子駅下車、徒歩25分

東北新幹線または宇都宮線、JR宇都宮駅下車

JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から関東バス益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分(片道1,170円)

バス

東武宇都宮駅(西口1番バス乗り場)、JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から関東バス 益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分

秋葉原駅より茨城交通高速バス「関東やきものライナー」 笠間・益子行き(約2時間50分)

陶芸メッセ入口下車徒歩2分

お問合せ

益子陶芸美術館 TEL:0285-72-7555   FAX:0285-72-7600

http://www.mashiko-museum.jp/

★第109回益子春の陶器市期間中、約41万人の方にお越しいただきました!★

 

 

《益子陶器市実行委員長挨拶》

第109回益子春の陶器市も期間中約41万人の方にお越し頂き、無事に閉幕となりました。

お越し頂きました皆さまには、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

至らない点もあったかもしれませんが、より楽しんで頂けるよう、秋に向けても取り組んで参りますので、秋の陶器市もどうぞお楽しみにお待ち頂けたら幸いです。

 

また、この陶器市の企画運営に携わって頂いた陶器市運営委員会の皆さま、関係者の皆さま、益子町の住民の皆さま、ボランティアの皆さま、関わって頂いていた全ての皆さまにも、この場をお借りして御礼申し上げます。

大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

益子陶器市実行委員長 大塚和美

————————————

 

 

次回、「第110回益子秋の陶器市」は、2024年11月2日(土)~11月5日(火)を予定しております。皆様のお越しをお待ちしております!

★第109回益子春の陶器市ガイドダウンロード★

春の陶器市ガイドが出来上がりました!

テント村・トイレ・駐車場等に特化した情報が掲載されています。裏面は、バスの時刻表などの交通系から陶芸体験ができる場所やお子様連れ必見の情報、陶芸をこれから始めたい方へおすすめのお店、陶器以外の益子を楽しむ情報等!盛りだくさんです♪

どうぞ、ご活用ください!!‼

———————————————————————————-

通常の店舗が掲載されているマップはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第109回益子春の陶器市

2024年4月27日(土)~5月6日(月・祝)

益子町内各所(城内坂・道祖土地区中心)9時~17時※最終日は16時まで

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

陶器市ガイドPDF

≪オススメ陶器市≫乗換いらず、便利なバスで陶器市へ行こう♪

下記の旅行会社より益子陶器市までの往復バスが運行されております。

乗換いらず、バスに乗ってるだけで、楽々益子陶器市へ連れてってくれます♪どうぞ、ご利用ください。※詳細は各旅行会社のHPにて

——————————————————–

≪四季の旅≫

新宿発着!!

——————————————————–

≪平成エンタープライズ≫

新宿・横浜・大宮・志木・千葉発着!!

——————————————————–

≪はぎわら観光≫

つくば発着!!

 

★第109回益子春の陶器市(4/27~5/6)★

開催期間

2024年4月27日(土)~5月6日(月・祝)


開催場所:益子町内各所
(城内坂、サヤド地区中心)

開催時間:9:00~17:00
(最終日は16:00まで)
※各店舗・テントにより異なります

駐車場は各所にご用意しております(期間中有料、無料Pもあります)

☎お問合せは益子陶器市実行委員会(益子町観光協会)
TEL.0285(70)1120まで

▼陶器市公式HP▼https://toukiichi.mashiko-db.net/

情報発信 Instagram
@mashiko.official

 

—————————————
<益子陶器市>
陶器市は1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。
販売店約50店舗の他約600のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。焼物だけでなく地元農産物や特産品の販売も行われ、春秋あわせて約60万人の人出があります。

菜の花・桜まつり/第2回 「オヤケコフンズフェス」

菜の花・桜まつり

3月下旬から4月上旬にかけて、小宅古墳群にソメイヨシノや彼岸桜、山桜など約20種類の桜と菜の花が一面に咲き誇ります。

※開花時期は目安です。気候条件によって、多少前後する場合があります。


開花時期 3月下旬~4月上旬

見頃(予想) 4月上旬 ※見頃は目安です。気候条件によって前後する場合がございます。

面積 約5ha

会場 益子町小宅地内(七井駅より約3km、タクシーで約5分)場所はこちら

駐車場 会場付近に約100台。満車の際は、臨時駐車場「旧小宅小学校グラウンド」をご利用ください。(旧小宅小学校から会場まで約1.3キロメートル。徒歩約20分。)

※3月30日(土)、31日(日)、4月6日(土)、7日(日)は、旧小宅小学校から無料シャトルバスの運行を予定しています。(約20分間隔で運行。雨天時運休。)なお、ペットはシャトルバスに乗車できませんのでご注意ください。

その他 ドローンでの撮影は原則禁止しています。

—————————————————————————————————————

特別開催! 第2回 「オヤケコフンズフェス」

令和31日()10:00~16:00

●キッチンカー、売店

カレー、パン、焼き菓子、ドリンク、コーヒー、乳製品、野菜、日用品 etc…

●ワークショップ

にがお絵、張り子だるま、エコバッグの絵付け etc…

●昔遊びコーナー

竹馬、竹とんぼ、弓矢 etc…

※天候等により中止または内容が変更になることがございます。

 ——————————

 

菜の花・桜の詳細情報は↓
https://www.town.mashiko.lg.jp/page/page000224.html

 

————————————————

●お問い合わせ

ましこ花のまちづくり実行委員会事務局

【3月31日まで】
益子町中央公民館内 TEL 0285-72-3101[月曜休館]

【4月1日から】
益子町観光商工課内 TEL 0285-72-8846

 

 

 

企画展示「雑誌『工藝』の中の濱田庄司」関連イベント 朗読&トークの会 「耳で観る、雑誌『工藝』」

企画展示「雑誌『工藝』の中の濱田庄司」関連イベント 朗読&トークの会
「耳で観る、雑誌『工藝』」
「雑誌『工藝』」は、1931年の発刊から93年。当時とは変貌した現代社会において、彼等の言葉に接した私たちはどう感じるのか。今に生きる生身の人間の声を通して、耳から「観る」ことで、臨場感のあるものとして『工藝』の言葉たちを受け止める時間を設けます。読み手は益子で生まれ育ち作陶を学んでいる岩見遥佳さん、民藝の研究者である佐々風太さんの20代のお二人。朗読の合間に当館館長の濱田友緒の解説を挟みます。
————————————————-
日時:2024年5月12日(日)14:00~15:30(開場13:30)
参加費:無料(入館料別途、大人1,000円、中高生500円、民藝協会員・小学生以下は無料。年間パス2500円)
※ご予約優先。満席になり次第、募集を締め切ります。
会場:濱田庄司記念益子参考館 4号館(上ん台)
321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3388
ご予約方法:4月2日(火)より、受付フォームまたはお電話にて受付開始。
0285-72-5300
————————-
~お問合せ~
濱田庄司記念益子参考館
栃木県芳賀郡益子町益子3388
TEL:0285-72-5300