★益子モノ市開催★[5/8-9,5/15-16,5/22-23,5/29-30]

 

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子芝生広場にて「益子モノ市」が初めて開催されます!毎週末44テントが出店し、それぞれの週末で出店者もかわります。てしごとのまち益子で出会える陶器・木工・金属・ガラス・雑貨たちと美味しい食をお楽しみください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

期間:2021年5月8日(土)~9日(日),5月15日(土)~16日(日),5月22日(土)~

23日(日),5月29日(土)~30日(日)

場所:益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 芝生広場(栃木県芳賀郡益子町益子

3021

時間:10:00~16:00(雨天決行)

 

益子モノ市は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、同じ時間帯での

入場数を最大500名に制限しております。そのため、入場に際して混乱やお客様にお待ち

いただくことがないよう、次の方法での入場にご協力をお願いいたします。

①  事前予約 ※各日300名

下記のQRコードまたは予約サイトよりお手続きをお願いいたします。

予約開始は、2021年4月15日(木)9:00~となります。

https://airrsv.net/mashikomonoichi/calendar

 

事前予約された方は、その日の開催時間内であればいつでもスムーズに入場できます。

入場の際、予約確認メールを印刷し持参するか、画面のご掲示をお願いいたします。

※ただし、再入場する場合は暫くお待ちいただくことがあります。

①  予約なしでの当日入場 

同時間帯での入場者数が500人を超えない範囲で入場できますが、行列をつくるなど

混雑することが予想されますので、お待ちいただくことがないよう1時間ごとの時間帯で

入場整理券を発行します。(10時台、11時台、12時台、13時台、14時台、15時台の各時間帯でそれぞれ200~300名程度)

希望する時間帯の整理券をモノ市本部でお受取りください。

なお、事前予約なしの入場に際しては、感染者発生時の追跡調査に対応するため、調査票(氏名・連絡先・人数)の記入にご協力をお願いいたします。

《諸注意》

安全にお買い物をしていただくために次のことにご協力をお願いいたします。

〇ご来場の際には、マスク着用・手指の消毒・検温のご協力をお願いいたします。

〇検温で37.5℃以上の発熱や、感染が疑われる症状がある場合は入場をお断りすることが

あります。

〇栃木県及び益子町の新型コロナウイルス感染予防対策のガイドラインに沿い、実施を

中止する場合があります。

〇駐車場は城内坂交差点北側町営駐車場及び陶芸メッセ・益子駐車場をご利用ください。

問い合わせ:益子モノ市実行委員会(益子町観光協会)

TEL.0285(70)1120

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※出店場所マップは出来上がり次第アップいたします。

 ※出店者情報4/14更新

5月8日(土)~5月9日(日)

【出店場所No.1】 相澤かなえ(陶磁器)

【出店場所No.2】 宮島將實(陶磁器)

【出店場所No.3】 しるばぁ屋FuLiFuLe(金属)

【出店場所No.4】 福島 誠(陶磁器)

【出店場所No.5】 向月窯(陶磁器)

【出店場所No.6】 ジョニーズ アート スタジオ(陶磁器)

【出店場所No.7】 我妻 淳(陶磁器)

【出店場所No.8】 風工房 かとう(陶磁器)

【出店場所No.9】 玉木一将(陶磁器)

【出店場所No.10】金陶房(陶磁器)

【出店場所No.11】石川智子(陶磁器)

【出店場所No.12】茂木工房(陶磁器)

【出店場所No.13】kinoki pottery(陶磁器)

【出店場所No.14】KD kid’s(その他)

【出店場所No.15】te-to-te(陶磁器)

【出店場所No.16】陶房壱清(陶磁器)

【出店場所No.17】工房哲(陶磁器)

【出店場所No.18】青風窯(陶磁器)

【出店場所No.19】根古屋製陶(陶磁器)

【出店場所No.20】ふくしま窯(陶磁器)

【出店場所No.21】岡田窯(陶磁器)

【出店場所No.22】陶房はせがわ(陶磁器)

【出店場所No.23】Sunlit(金属)

【出店場所No.24】マグワートクラフト(木工)

【出店場所No.25】陶房日向(陶磁器)

【出店場所No.26】大塚雅淑大塚菜緒子(陶磁器)

【出店場所No.27】アトリエfuji(ガラス)

【出店場所No.28】水上窯(陶磁器)

【出店場所No.29】東峯未央(陶磁器)

【出店場所No.30】snegl.wood(スナイルウッド)(木工)

【出店場所No.31】革工房 Dipsum(その他)

【出店場所No.32】竹下窯(陶磁器)

【出店場所No.33】ピーロート・ジャパン(株)(その他)

【出店場所No.34】ジェラートマスモ(飲食)

【出店場所No.35】ビストランテ・ボヌール(飲食)

【出店場所No.36】益子焼ハピハピ(陶磁器)

【出店場所No.37】豊田雅代(陶磁器)

【出店場所No.38】3kolme 比呂(陶磁器)

【出店場所No.39】平田直人           (陶磁器)

【出店場所No.40】アトリエ和(YAWARA)(陶磁器)

【出店場所No.41】キマノ陶器(陶磁器)

【出店場所No.42】渡辺キエ(陶磁器)

【出店場所No.43】蘭と月 (その他)

【出店場所No.44】マイク創作 切り絵(その他)

5月15日(土)~16日(日)

【出店場所No.1】山口陽子(陶磁器)

【出店場所No.2】中川守雄(陶磁器)

【出店場所No.3】炎精工房(陶磁器)

【出店場所No.4】Dream Wing Leather Craft(その他)

【出店場所No.5】工房とめ 本橋里美(陶磁器)

【出店場所No.6】清水秀輝(estudio432)(陶磁器)

【出店場所No.7】太田窯(陶磁器)

【出店場所No.8】太田菜摘(陶磁器)

【出店場所No.9】坂田窯(陶磁器)

【出店場所No.10】デイリーバッグのぬのばっぐ(布・雑貨)

【出店場所No.11】ネギシ製陶(陶磁器)

【出店場所No.12】白鳥窯 (陶磁器)

【出店場所No.13】peiworks(陶磁器)

【出店場所No.14】おおたか陶房(陶磁器)

【出店場所No.15】ふじ窯 (陶磁器)

【出店場所No.16】片尾窯 (陶磁器)

【出店場所No.17】陶房のむら(陶磁器)

【出店場所No.18】川崎 萌(陶磁器)

【出店場所No.19】川田達哉(陶磁器)

【出店場所No.20】どろんこ工房(陶磁器)

【出店場所No.21】鍛冶Dorf 新田麻紀(金属)

【出店場所No.22】大石窯 (陶磁器)

【出店場所No.23】ひのもと工作室(陶磁器)

【出店場所No.24】えみあぶるぽたりー 矢野恵美(陶磁器)

【出店場所No.25】大岩製陶(陶磁器)

【出店場所No.26】増渕 明(陶磁器)

【出店場所No.27】はなクラフト(陶磁器)

【出店場所No.28】我妻陶房(陶磁器)

【出店場所No.29】新田 学(GAKU!CO-BO)(陶磁器)

【出店場所No.30】Say Hands Studio(陶磁器)

【出店場所No.31】アトリエ彩(布・雑貨)

【出店場所No.32】クラムボンボンストア(陶磁器)

【出店場所No.33】那須珈琲 Café La Détente(飲食)

【出店場所No.34】長谷川陶苑(飲食)

【出店場所No.35】光の鳥 (飲食)

【出店場所No.36】Mountain(木工)

【出店場所No.37】宮田竜司(陶磁器)

【出店場所No.38】沖本 東(陶磁器)

【出店場所No.39】吉沢寛郎(陶磁器)

【出店場所No.40】猪原朱乃(陶磁器)

【出店場所No.41】87coco&Claire(その他)

【出店場所No.42】誠道窯 (陶磁器)

【出店場所No.43】コナカラ陶芸舎(陶磁器)

【出店場所No.44】うつわ 吉澤直樹&遠藤薫(陶磁器)

5月22日(土)~23日(日)

【出店場所No.1】グラスガーデン(ガラス)

【出店場所No.2】一布(ifu)(布・雑貨)

【出店場所No.3】立原亜紀子(陶磁器)

【出店場所No.4】なの工房(陶磁器)

【出店場所No.5】日々是(ひびこれ)(陶磁器)

【出店場所No.6】勝田恭司(陶磁器)

【出店場所No.7】松永 進(陶磁器)

【出店場所No.8】板橋窯(陶磁器)

【出店場所No.9】吉岡俊治(陶磁器)

【出店場所No.10】炬窯(かがりがま)(陶磁器)

【出店場所No.11】HIDAKA(陶磁器)

【出店場所No.12】陶工房タナカ 田中光(陶磁器)

【出店場所No.13】矢口雪子(陶磁器)

【出店場所No.14】塩幡桃子(陶磁器)

【出店場所No.15】矢口窯(陶磁器)

【出店場所No.16】森本浩司(陶磁器)

【出店場所No.17】大源製陶所(陶磁器)

【出店場所No.18】ゲムリッチ セラミック スタジオ(陶磁器)

【出店場所No.19】陶房こみち(陶磁器)

【出店場所No.20】木村陶苑(陶磁器)

【出店場所No.21】(株)ティムチャイナ(陶磁器)

【出店場所No.22】磐司陶房(陶磁器)

【出店場所No.23】marumaru屋(布・雑貨)

【出店場所No.24】アトリエTOM(陶磁器)

【出店場所No.25】牛窯(株)libcompany(陶磁器)

【出店場所No.26】後藤竜太(陶磁器)

【出店場所No.27】はにゃん窯       (陶磁器)

【出店場所No.28】近藤康弘(陶磁器)

【出店場所No.29】陶房kazumitaco.(陶磁器)

【出店場所No.30】坂下花子(陶磁器)

【出店場所No.31】One Cushion &KOZppy(布・雑貨)

【出店場所No.32】douglas black(陶磁器)

【出店場所No.33】鎌倉商店(飲食)

【出店場所No.34】益子手づくりハム工房 とん太ファミリー(飲食)

【出店場所No.35】ANIKINOMISE(飲食)

【出店場所No.36】清水秀輝(estudio432)(陶磁器)

【出店場所No.37】太田窯(陶磁器)

【出店場所No.38】太田菜摘(陶磁器)

【出店場所No.39】白鳥窯 (陶磁器)

【出店場所No.40】peiworks(陶磁器)

【出店場所No.41】陶房のむら(陶磁器)

【出店場所No.42】どろんこ工房(陶磁器)

【出店場所No.43】大岩製陶(陶磁器)

【出店場所No.44】増渕 明(陶磁器)

5月29日(土)~5月30日(日)

【出店場所No.1】しんいちろう・ようこ窯(陶磁器)

【出店場所No.2】Okamoto Pottery(陶磁器)

【出店場所No.3】MAY工房(木工)

【出店場所No.4】工房ビアンカ(その他)

【出店場所No.5】陶房くめ(陶磁器)

【出店場所No.6】木工房 玄(木工)

【出店場所No.7】萬次郎家具(木工)

【出店場所No.8】栗原窯(陶磁器)

【出店場所No.9】雨宮製陶(陶磁器)

【出店場所No.10】堀水窯 (陶磁器)

【出店場所No.11】木工房 嶺乃雲(木工)

【出店場所No.12】小野窯(陶磁器)

【出店場所No.13】陶房「K」(陶磁器)

【出店場所No.14】かおり陶房(陶磁器)

【出店場所No.15】岡部耕太郎(陶磁器)

【出店場所No.16】M.K.Factory 粕谷恵(陶磁器)

【出店場所No.17】taro-cobo/伊藤亜木(ガラス)

【出店場所No.18】ひといろ陶房(陶磁器)

【出店場所No.19】鈴木まるみ(陶磁器)

【出店場所No.20】北條 潤(陶磁器)

【出店場所No.21】平野陽子(陶磁器)

【出店場所No.22】GAWAN CERAMICS(陶磁器)

【出店場所No.23】蓬生陶舎(陶磁器)

【出店場所No.24】陶房2.2(陶磁器)

【出店場所No.25】山口陽子(陶磁器)

【出店場所No.26】中川守雄(陶磁器)

【出店場所No.27】工房とめ 本橋里美(陶磁器)

【出店場所No.28】片尾窯 (陶磁器)

【出店場所No.29】松永 進(陶磁器)

【出店場所No.30】板橋窯(陶磁器)

【出店場所No.31】吉岡俊治(陶磁器)

【出店場所No.32】炬窯(かがりがま)(陶磁器)

【出店場所No.33】八幡餃子(飲食)

【出店場所No.34】田舎うどん力(飲食)

【出店場所No.35】FROZEN FRUITけずりん(飲食)

【出店場所No.36】陶工房タナカ 田中光(陶磁器)

【出店場所No.37】矢口雪子(陶磁器)

【出店場所No.38】塩幡桃子(陶磁器)

【出店場所No.39】矢口窯(陶磁器)

【出店場所No.40】森本浩司(陶磁器)

【出店場所No.41】陶房こみち(陶磁器)

【出店場所No.42】木村陶苑(陶磁器)

【出店場所No.43】(株)ティムチャイナ(陶磁器)

【出店場所No.44】磐司陶房(陶磁器)

※場合により出店者・内容の変更あり

【2021年春のWEB陶器市は、GWに開催!】

 

益子の陶器市は、作家と作品に直に触れ合える一大イベントとして1966年から始まり、現在は毎年春と秋に開催してきましたが、昨年2020年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響により中止を余儀なくされました。
しかし、陶器市を毎回楽しみにされているお客様のために何かできることはないかを考え、益子 Web 陶器市実行委員会を急遽立ち上げ、インターネットを介して焼き物や手工芸品販売を行う「益子WEB陶器市」を昨年2020年春・秋ともに開催し、合計で約8,600万円の販売額を達成しました。
同時にコロナ禍のピンチをチャンスに変えた地域貢献が認められ、地域再生大賞*¹の栃木県代表に選出、優秀賞をいただくことができました。
2021年の春も引き続き大型イベントの開催制限が継続されることを勘案し、通常の益子陶器市が行われていたゴールデンウィーク期間の4/29~5/9に「WEB陶器市」の開催を決定しました。
益子の陶器市にお越しいただいたことがある方はもちろん、はじめてご覧いただく方にも益子焼の陶器から特産物まで楽しめるWEB版の陶器市です。

【概要】
名称:第三回益子WEB 陶器市 2021 春
内容:期間限定の陶器市特設サイト内にて陶器等の手工芸品の販売を予定
期間:2021 年4月29日(木) 9:00 ~ 5月9日(日)17:00(11 日間)
URL:https://toukiichi.mashiko.online/
2021年4月29日(木)9時まではティザーサイトを表示
主催:一般社団法人ましこラボ
後援:益子町・益子町観光協会・益子町商工会・益子焼協同組合・益子焼販売店協同組合

【ワグナー・ナンドール春季展2021】

 

【ワグナー・ナンドール春季展2021】は、 4月15日木曜日から5月15日土曜日まで開催致します。
併設展(五角堂ギャラリー)は 《若林たか枝 タペストリー展)》 を開催します。
※3密を避けて、ご無理のない様にご来館下さい。
※4月14日までは、ご予約により庭園のみご覧いただけます。

春季展開催に向けて、館内掃除、展示替え、庭園管理などの作業を行いますので、ご理解・ご協力の程 宜しくお願い致します。

ご連絡は、電話 0285-72-9866 ワグナー・ナンドール アートギャラリー事務局にお願い致します。

その他の情報はHPをご覧ください。

◆HP  http://wagnernandor.com/indexj.htm
◆モバイル版 http://wagnernandor.jp/mobile/wnag.html
◆問合せ: 0285-72-9866
◆メール: wagnernandor@gmail.com

益子参考館円座⑩季節の庭しごと

開催日時:2021年4月25日(日) 13時~15時
季節折々に表情を変え、様々な自然が息づく益子参考館の庭
かつては濱田家の生活の場であり、仕事の手を休める憩いの場でもありました
長い時を経て、木々は育ち、風景も少しずつ変化しています
今あらためて、この場所で、土、水、風を感じ草木とふれあうことで
自然や歴史とのつながりを感じるひと時になればと思います
庭仕事を中心に庭にまつわる手仕事も交えながら、
共に学び、共に遊ぶ時間を過ごしましょう
場所 濱田庄司記念益子参考館 <栃木県芳賀郡益子町大字益子3388>
参加費=無料[入館料別途 大人800円 年間パスポートは2,000円]
内容  
参考館の庭のお話、常緑樹の剪定、竹の柵作り、腐葉土掘りなど
お願い
・汚れてもよい暖かな服装でお願いします。
・軍手やタオル、マスクなどご自身でお持ちになられると助かります。
 ・雨天決行。荒天の場合は中止します。
ご予約・お問い合わせ
濱田庄司記念益子参考館 
TEL 0285-72-5300(月曜以外 9:30~16:30)
メール:info.sankokan@gmail.com
※ご予約制です。前日までにご予約ください。社会情勢により参加人数を制限する場合がございます。
◯「円座」とは人々が輪になって腰かけること。
濱田庄司は生前、かつて住まいであり制作の場であった、ここ益子参考館で、囲炉裏や工芸品を囲み輪になり友人・来客と分け隔てなく語り合っていました。その輪は濱田庄司の温和な人柄の記憶とともに世代を超えた今でもリンクしています。しかし、時を経て記憶は薄らぎいでゆきます。生涯をとおして濱田が伝えたかった感覚・空気を今、掘り起こす必要があると考えます。
「益子参考館 円座」では、濱田の世界観を有している益子参考館という場所で、様々な角度からの文化的イベントを通じ新たなひとの輪をつくり、今に生きる私たちがあらためて物を見る眼や感じる心を養いながら再発見・共有していくことを試みます。

令和2(2020)年度(第52期)伝習生・研究生修了作品展

栃木県窯業技術支援センターでは、県内の伝統的地場産業である、益子焼をはじめとする陶磁器産業を支える後継者の育成を図るため、伝習生・研究生制度が設けられています。名工を目指す若者達の作品を是非御観覧ください。
【開催日】2021年3月9日(火)~3月14日(日)
【時間】9:30 ~ 17:00※入館は16:30まで
【場所】益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 第3展示室
(栃木県芳賀郡益子町益子3021/TEL 0285-72-7555)
※窯業技術支援センターからは徒歩5分です。
【料金】入場無料
【お問合せ】益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子 第3展示室
栃木県芳賀郡益子町益子3021
TEL 0285-72-7555

特別展 加守田章二 天極をさす[3/7~5/30]

近代日本陶芸史に大きな足跡を残した加守田章二(1933-1983)。大阪府岸和田市に生まれ、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)で富本憲吉らに陶芸を学んだ後、1959年に栃木県益子町で独立します。益子では、灰釉・鉄釉作品の研究と制作と研究に挑み、作家として着実に評価を高め、1967年に陶芸家としては初にして唯一となる高村光太郎賞を受賞しました。1969年には岩手県遠野市に移り、翌年に後の代表作となる「曲線彫文」のシリーズを発表、陶芸界を震撼させました。1970年代以降は色彩と模様と造形が一体化した作風を展開し、精力的に作品を発表し続けました。

加守田は「自分の外に無限の宇宙を見る様に、自分の中にも無限の宇宙がある」という言葉を残しています。その短い作陶期間の中で、絶えず作風を変容させていきましたが、それは加守田が陶の本源的な境地へ向かいながら、別の次元へと跳躍していこうとする創作のプロセスでもありました。今みても色褪せることのない作品はいずれも特別な存在感を放ち、近年では若い世代や海外においても新たな愛好家が生まれています。

本展では、初期から晩年までの仕事の中から厳選して約130点を展覧します。当館では約20年ぶりの回顧展となりますが、今回は特に、作家として飛躍する益子時代から遠野時代前期にかけての作品の意義を再考し、あらためて加守田作品の根源と魅力に迫ります。本展の副題は、高村光太郎が同賞の賞牌の原型に刻んだ詩句「いくら廻されても針は天極をさす」の一節です。信念に生きて表現を模索、ジャンルの枠組みを更新しながら、その境界を越える造形に到達した加守田章二の創造性を体感していただければ幸いです。

 

開催期間:2021年3月7日(日)~5月30日(日)

場所:益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子)
〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3021

◎アクセス

<自動車>
常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICから約20分
東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICから約25分
<電車>
東北新幹線または宇都宮線、JR小山駅下車
JR小山駅から水戸線下館駅下車、下館駅から真岡鐵道益子駅下車、徒歩25分
東北新幹線または宇都宮線、JR宇都宮駅下車
JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から関東バス益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分(片道1,170円)
<バス>
東武宇都宮駅(西口1番バス乗り場)、JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から関東バス 益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分
秋葉原駅より茨城交通高速バス「関東やきものライナー」 笠間・益子行き(約2時間50分)
陶芸メッセ入口下車徒歩2分

◎入館料
通常入館料
一般・大学生・高校生:(個人)600円/(団体20名以上)550円
65歳以上:(個人) 300円/(団体20名以上)300円
小・中学生:(個人)300円/(団体20名以上)250円
幼児:(個人) 無料/(団体20名以上)100円

※65歳以上の確認は受付にて各種証明書等を拝見いたします。
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けられた方及びその方の介護者1名は無料です。
※サロン・ミニギャラリーは入館無料でご利用いただけます。
※陶芸美術館入館料免除申請書類についてはこちらをご覧ください。

●お問い合わせ 益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子)
TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600
※10月まで9:30~17:00  11月から9:30~16:00
HP:http://www.mashiko-museum.jp/

 

ぐるとち2021参加者募集!!

2021年5月、サイクルイベント「ぐるとち」開催!栃木県内を舞台に、初心者から上級者まで楽しめる全6コース。とちぎの食・景色・空気を満喫しよう!!
【日程】5月22日(土)、23日(日)
【場所】那須野が原公園(那須塩原市千本松801-3)
【申込期限】4月18日(日)まで
【問合せ】ぐるとち2021実行委員会事務局
TEL:070-4020-9498(平日の10:00~17:00)
E-mail:info@gurutochi- cycling.com
——————————————————-
【アラウンド栃木宿泊コース】
栃木県を2日間で1周し、日光いろは坂や渡良瀬遊水地などを通り、栃木をぐるっと満喫する355kmの超上級コース。
※1日150km以上の山岳を含むコース経験者限定
○定員150名○金額:一般(高校生含む)16,000円※宿泊費別
【エキサイト山岳コース】
栃木県北を周遊し、厳しい山岳ルートを登って、九尾の狐の伝説が伝わりる那須町の殺生石を目指す140kmの上級コース。
※1日120km以上の山岳を含むコース経験者限定
○定員500名○金額:一般(高校生含む)8,000円、中学生6,000円
【チャレンジ日本遺産コース】
那須野が原の日本遺産を巡り自然の中を走りながら、歴史を感じる78kmの中・上級コース。
○定員200名○金額:一般(高校生含む)7,000円、中学生5,000円
【ファンライド大雄寺コース】
那須野が原の眺望をサイクリングで楽しみながら、国重要文化財「大雄寺本堂」で心静かに写経体験をする53kmの中級コース。
○定員150名○金額:一般(高校生含む)7,000円、中学生5,000円※写経体験等の代金が含まれています。
【エンジョイ那須野が原レザークラフトコース】
那須野が原をサイクリングで満喫しながら、高い評価を受けている栃木レザーのオリジナルキーリングづくりを体験する36kmの初級コース。
○定員100名○金額:一般(高校生含む)6,000円、小中学生4,000円
※オリジナルキーリングづくり体験の代金が含まれています。
※キーリングにつけるオプションは当日追加可能です。(有料、現金精算:体験会場にて)
【ファミリー千本松牧場コース】
那須野が原をサイクリングし、歴史ある千本松牧場で、乗馬体験やソフトクリームを楽しむ14kmのファミリーコース。
○定員100名○金額:一般(高校生を含む)3,000円、小中学生2,000円
※場内アクティビティ体験の代金が含まれています。
※千本松牧場内のアクティビティ等で使用できるお得なクーポン付き

中国の工芸展[濱田庄司記念益子参考館]

◇◇◇◇

開催期間:2021年1月5日(火)~6月6日(日)
開館時間:9時半〜17時(最終入館16時半)
場所:濱田庄司記念益子参考館 1号館(栃木県芳賀郡益子町益子3388)
料金:入館料大人800円、中高生400円、小学生以下無料/年間パスポート2,000円

◇◇◇◇

コロナ禍により、昨年開催予定であった「益子×セントアイヴス100年祭」は改めて本年に開催することになりました。100年前、濱田庄司とバーナード・リーチはイギリスのセントアイヴスにリーチポタリーを設立し、イギリスの古陶スリップウェアの研究と再現に努めました。産業革命の華やかなイギリスにおいて、地方の手仕事のスリップウェアの温かみを探求した試みは、その後に興る民芸運動へと繋がっていきました。
また、この時期は濱田庄司は中国の陶芸技法の研究を自作に生かし、イギリスのデザインと中国の模様を生かした作品はロンドンで開催した濱田の個展で好評を博しました。民芸運動発足後の、濱田の幅広い収集活動においても中国の工芸品はコレクションの中核を成すものであり、漢時代から明時代、中国の様々な名窯や民窯、奥地から台湾まで、陶器や染織などを収蔵しています。
また、バーナード・リーチは香港生まれであり終生中国文化の影響が濃く、作風にも東洋的な意匠が多く見られます。リーチは晩年、念願の中国での作陶を挑戦するべく渡中したこともありました。
濱田とリーチの中国への深い憧憬から、次回「リーチと濱田Ⅱ」展への紐付けとして「中国の工芸」を展覧いたします。

※常設展も入れ替えいたしました。どうぞご覧ください。

◇◇◇◇

アクセス:[公共交通機関をお使いの場合]
・東北新幹線/東北本線(宇都宮線) 宇都宮駅下車
→関東自動車路線バス「益子駅前」行き50分→「益子参考館入口」下車 徒歩5分
・東北新幹線/東北本線(宇都宮線)小山駅→水戸線下館駅→真岡鐵道益子駅
→益子駅より徒歩40分/タクシー10分
・秋葉原駅→茨城交通 関東やきものライナー(笠間駅経由)→陶芸メッセ入口下車 徒歩20分
[お車をお使いの場合]
・東北自動車道 都賀JCT→北関東自動車道 真岡IC→益子(真岡出口より25分)
・常磐自動車道 友部JCT→北関東自動車道 桜川筑西IC→益子(桜川筑西出口より30分)

【問い合わせ】
公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館
321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子3388
Tel/Fax 0285-72-5300
https://mashiko-sankokan.net

益子のいちご狩り情報♪♪(2021年1月9日更新)

12月~5月上旬にかけて、あま~くておいしい、いちご狩りが楽しめます。益子町では「JAはが野益子観光いちご団地」「吉村農園」「Mashiko Strawberry Farm」の三箇所があります。それぞれ、いちご狩り開始の時期が異なりますのでご注意ください。

※いちごの生育状況により内容に変更が生じる場合がございます。ご了承ください。

※コロナウイルス感染拡大防止のため内容に変更が生じる場合がございます

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【JAはが野 益子観光いちご団地】

http://www.15dannchi.sakura.ne.jp/

(コロナ対策の為今期は時間制限有:1時間)

 

イチゴハウス数は北関東最大規模の100棟。
隣接の直売所では新鮮野菜がお買い求めできます。

~期間~

2021年1月2日(土)~5月9日(日)
~時間~

9:30~15:30(売店は9:00~16:30)

~場所~

JAはが野 益子観光いちご団地
〒321-4216 栃木県芳賀郡益子町塙527-6

~料金~

12月※12月は団体のみとなります。開始日は、12月12日からです。
団体:1600円
1月・2月
個人:1500円
団体:1300円
3月~4月7日

個人:1400円

団体:1200円
4月8日~5月9日
個人:1000円
団体:900円
※団体(20名様以上)でのご利用はご予約が必要になります

※コロナ対策の為今期は時間制限有:1時間

※2歳まで入場無料

※当園はとちおとめのみとなります

~お問合せ~

JAはが野 益子フレッシュ直売所
0285-72-8768

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【吉村農園】

https://yoshimura-nouen-1985.com/

(時間無制限)

 

スカイベリー等数種類のおいしいいちごが、食べ放題!!北山駅から300mなので便利。

~期間~

2020年12月1日(火)~2021年5月上旬

 

~時間~

いちご狩り・売店:9:00~16:00

~料金~

12月~・・・1800円

1月・2月・・・・1600円
3月・・・ ・・・1500円
4月~5月上旬・・1300円

※3才以上のお子様は料金表の金額となります。※0~2才のお子様は無料です。

~場所~

吉村農園

〒321-4216 栃木県益子町塙520

~お問合せ~

0285-72-8189

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

【Mashiko Strawberry Farm】

 (大粒・完熟のとちおとめが30分食べ放題)

道の駅ましこから徒歩60秒!

※コロナウイルス感染状況を踏まえ、予約優先での受付。
~期間~
2021年1月2日~4月下旬予定(毎月第2火曜日定休)
受付は道の駅ましことなります。
~場所~
受付:道の駅ましこMashiko Strawberry Farm
栃木県芳賀郡益子町長堤2271
~受付時間~
10時~15時00分
※受付ご案内は10:00、10:30、11:00、11:30、12:00、12:30、13:00、13:30、14:00、14:30と30分ごとの案内とさせていただきます。
~入園料~
2020年1月2日~4月28日まで(表記はすべて税込)
●とちおとめ30分食べ放題|1,980円(大人)・1,760円(学生)・1,650円(未就学)
●スカイベリー30分食べ放題(日曜日のみWEB予約限定) |2,310円(大人)・2090円(学生)・1980円(未就学)
※学生価格(小学生~大学生)大学生・高校生は学生証の提示をいただきます ※インターネットで優先予約を承っております。
~WEB予約~
【じゃらん遊び体験予約ページ】 【ぐる旅予約ページ】
(只今、ぐる旅からのご予約は休止させていただいております) ※WEB予約はいちごの生育状況を鑑み、予約枠の増減調整を随時行っております。 ※WEB予約締切はご体験日の前日17時となります
詳しくは下記のページにて要確認
~お問合せ~
道の駅ましこ0285-72-5530

 

【駅からいちご狩りシャトルバス】(運行中止のお知らせ)

1月17日(日)に予定していました「駅からいちご狩りシャトルバス」の運行は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止とさせていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、なにとぞご理解とご協力をお願い致します。

(駅からいちご狩り実行委員会)