うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生

うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生 (1)

うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生 (2)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

会期:2017年7月23日(日)~10月1日(日)

場所:益子陶芸美術館 陶芸メッセ・益子

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

7月23日(日)~10月1日(日)、益子陶芸美術館において、企画展「うつわのガラスが物語ること 舩木倭帆と濱田能生」が開催されます。
暮らしを彩るガラス器の創作を追求し、日本のスタジオグラス界に足跡を残した二人の吹きガラス作家、舩紀倭帆(1935-2013)と濱田能生(1944-2011)による器の作品を当館で初めて展覧します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

交通ガイド

自動車
常磐道友部JCT経由、北関東道桜川筑西ICから約20分
東北道栃木都賀JCT経由、北関東道真岡ICから約25分
電車
東北新幹線または宇都宮線、JR小山駅下車
JR小山駅から水戸線下館駅下車、下館駅から真岡鐵道益子駅下車、徒歩25分
東北新幹線または宇都宮線、JR宇都宮駅下車
JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から東野バス益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分(片道1,150円(2015年7月18日改定))
バス
東武宇都宮駅、JR宇都宮駅(西口14番バス乗り場)から東野バス 益子行き(約60分)、陶芸メッセ入口下車徒歩2分
秋葉原駅より茨城交通高速バス「関東やきものライナー」 笠間・益子行き(約2時間50分)
陶芸メッセ入口下車徒歩2分
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

通常入館料
個人/団体(20名以上)
一般・大学生・高校生
600円(個人)/550円団体(20名以上)
65歳以上
300円(個人)/300円団体(20名以上)
小・中学生
300円(個人)/250円団体(20名以上)
幼児
無料(個人)/100円団体(20名以上)

65歳以上の確認は受付にて各種証明書等を拝見いたします。
身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保険福祉手帳の交付を受けられた方及びその方の介護者1名は無料です。
サロン・ミニギャラリーは入館無料でご利用いただけます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

お問合せ

益子陶芸美術館(陶芸メッセ・益子)
TEL:0285-72-7555 FAX:0285-72-7600
http://www.mashiko-museum.jp/

★第100回益子秋の陶器市★(11/2~11/6)

◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇

期間:2017年11月2日(木)~11月6日(月)
時間:9:00~17:00
場所:益子町内各所(城内坂、サヤド地区中心)
お問合せ:陶器市実行委員会(益子町観光協会)TEL.0285(70)1120

◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇

第100回を迎える「益子陶器市」。
1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。
販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。
テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。
焼物だけでなく地元農産物や特産品の販売も行われ、春秋あわせて約60万人の人出があります。

◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇

交通ガイド
≪車≫
◎東北自動車道栃木都賀JCT→北関東自動車道真岡IC→
国道294号線、または121号線で益子まで。ICより約25分。
◎常磐自動車道友部JCT→北関東自動車道桜川筑西IC→
県道41号線で益子まで。ICより約20分。
≪電車≫
◎東北新幹線のご利用・・・
東北新幹線で小山駅まで。小山で水戸線に乗換え下館駅まで約26分。下館で真岡鐵道に乗換え約45分で益子駅着。
◎東北本線(JR宇都宮線)のご利用・・・
宇都宮線(または宇都宮線直通湘南新宿ライン)で小山駅まで。小山で水戸線に乗換え下館駅まで約26分。
下館で真岡鐵道に乗換え約45分で益子駅着。
◎つくばエクスプレスのご利用…
つくばエクスプレスで守谷駅まで。守谷で関東鉄道常総線に乗換え下館駅まで約62分。
下館で真岡鐵道に乗換え約45分で益子駅着。
≪高速バス≫
秋葉原―笠間―益子  秋葉原から益子まで最短で2時間30分
料金2000円(片道)
◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇ ◇◇◇◇

益子夜市 ヨルノマシコモ、マタタノシ(8/11)

益子夜市チラシ (1)

 

益子夜市チラシ (2)

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日時:2017年8月11日(金・祝/山の日)

※雨天決行(荒天中止)

18時~21時30分

場所:益子町城内坂※歩行者天国

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日中の暑さも幾分おさまりかけた頃
益子夜市がはじまります
そこは家族だんらんのような
何か懐かしさも、新しさも感じるところ
きっと夏のせい、きっと夜のせい
いいえ、それは益子の夜だから
ヨルノマシコモ、マタタノシ
満天の星空とともに、楽しい、美味しい益子の夜をお届けします

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★浴衣でお越しいただいたお客様に、益子夜市オリジナルグッズをプレゼント!受付にお立ち寄りください。※数に限りがあるため先着順になります。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
~夜市音楽祭~
【ましやまステージ】
天人疾風の会 18時10分~
HULA O MOANA 18時40分~
Mauna Lani Hula Studio 18時55分~
Pearl 19時10分~
i-nos 19時40分~

【篠原ステージ】
あびこめぐみ/つちのこ 18時40分~

【大谷石ステージ】
JOYSMILE 18時40分~
益子アンサンブル 19時10分~

【スロープステージ】
ジェベナッツ 20時15分~

※lily ru はMCAA 6 galleryにて演奏

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★マシコットボウリング/無料・要参加券
あの益子町のゆるキャラ「マシコット」がボウリングに登場?!マシコットを倒せばプレゼントゲット!
※受付で配布するスタンプラリーの台紙に3つスタンプを押せたら参加できます!

★真岡線ゲーム/参加費200円
コカ・コーラ一気飲みでゲップせずに真岡線の駅名を全て言えたら豪華賞品!

★金魚救い(すくい)

★MCAA 6 gallery
灯りのワークショップ
lily ru 益子夜市ライブ♪ボーカール・ギター・ピアノの3人組による浮遊感ポップ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

~夜市RADIO~
夜市限定のミニラジオ局
今回は公式フェイスブックで生放送!
ラジオ出演者や関係者が入れ替わりゲスト出演!

益子夜市ホームページ http://infomashikoyoichi.wix.com/mashikoyoichi
益子夜市Facebook https://www.facebook.com/mashikoyoichi/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

主催:益子夜市実行委員会

お問い合わせ:益子町観光協会0285-70-1120

ひまわり祭り(8/11~8/20)

ひまわり祭り・コスモス祭りチラシ (1)

ひまわり祭り・コスモス祭りチラシ (2)

約10haの広大な範囲に約200万本のひまわりが咲き誇り、多くの品種のひまわりが楽しめます。
また、土日には農産物の直売も実施されます。

【イベント期間】2017年8月11日(金)~8月20日(日)

【会場】益子町上山地区

ひまわり祭り会場へのアクセス
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page000385.html
◇◇◇◇
交通アクセス(車でお越しの場合)
☆北関東自動車道真岡インターチェンジから国道294号又は121号経由で約20分
☆北関東自動車道桜川筑西インターチェンジから県道つくば益子線経由で約20分
☆東北自動車道宇都宮インターチェンジから国道123号経由で約60分
☆常磐自動車道水戸インターチェンジから国道123号経由で約60分
◎ナビでのアクセス
☆和の家(なごみのいえ) 住所:栃木県芳賀郡益子町大字上山125-2
電話:0285-72-8899
【お問合せ】 ましこ花のまちづくり実行委員会(益子町中央公民館内)
0285-72-3101
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/dir000394.html

あじさい祭り_あじさい公園の様子(7/6現在)

≪あじさい祭り開催中≫

2017年6月24日(土)~7月25日(火)

場所:太平神社(あじさい公園内)

駐車場:鹿島神社東側

【7/6】

あじさいが見どころとなっています。

【6/29】

あじさい公園をぐる~と一回り。

日陰になっていてとても心地よく、紫陽花をみることができます。

【6/27】

登り階段の両側では、綺麗な紫陽花を見ることが出来ます。

場所によって、咲き具合が異なるのでこれから楽しみですね。

今は、あじさい公園入口付近はこんもりした紫陽花を見ることが出来ますよ♪

益子祇園祭(7/23~7/25)

〇期間

2017年7月23日(日)~25日(火)

【毎年同期間開催】
7月23日(日)
八坂神社祭禮・祇園祭・出御祭
7月24日(月)
御神酒頂戴式(当番町)
7月25日(火)
還御祭・御上覧

〇場所

益子町内

祇園祭は1705年(宝永2)頃疫病が流行し、人々は生命を失い、作物は害虫にあい、天王信仰により祭りを行い、怨霊や疫病を鎮めたことに始まります。また、祭りを通し方策や幸福を祈りました。鹿島神社境内末社の八坂神社の祭礼で昔は天王祭と呼ばれていました。
現在では、氏子地区5町会(新町・田町・道祖土・城内・内町)が毎年当番制で行います。


当番町には御仮屋が設けられ、23日の出御祭と25日の還御祭の際には、神社より神輿の渡御が行われます。


24日の当番引継の儀式では、江戸時代から伝わる町指定の民俗文化財「御神酒頂戴式」が当番町の当屋で行われます。羽織袴の男衆は猛暑の中、顔を真っ赤にしながら大杯の熱爛を飲み干し、五穀豊穣、無病息災を祈ります。
「御神酒頂戴式」は、1年365日になぞり、大杯になみなみと注がれた3升6合5勺(約6.5リットル)の熱爛3杯を飲み干す儀式です。関東参大奇祭のひとつに数えられるこの儀式は、何といってもこの祭り最大の見所です。当番町の男衆が飲み干した後、来年の当番町の男衆10人も大杯に挑戦します。

25日の祭りフィナーレは、「卸上覧」と呼ばれる屋台の神前奉納の儀が行われます。

また、23日には、両手で持つ「手筒花火」と片手で持つ「小型手筒花火」の打ち上げも行なわれます。勇壮な掛け声とともに高さ8mまで火柱が上がる様は、陶芸の街にふさわしい炎の祭典。

交通ガイド 電車:真岡鐵道益子駅から徒歩10分
JR宇都宮駅から東野バス益子行きで「鹿島神社前」下車
車:北関東自動車道桜川筑西ICから約20分
または真岡ICから約25分
高速バス:秋葉原から高速バス関東やきものライナーで約2時間30分
「陶芸メッセ入口」下車徒歩約5分(片道運賃2000円、往復2枚チケット3500円)
問い合わせ 鹿島神社 TEL:0285-72-6221(http://www.kashimajinja.com/)
益子町観光協会TEL:0285-70-1120(http://www.mashiko-kankou.org/)

益子祇園祭 手筒花火(7/23)※7/3更新

〇日時:2017年7月23日(日)
〇場所:益子焼窯元共販センター南駐車場

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

H29_益子祇園祭手筒花火駐車場・タイムスケジュール案内

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

内容:開幕挨拶・祝辞 PM6:40~
演目:天人疾風の会(和太鼓演奏)※ステージにて PM7:15~PM7:35
五人衆(和太鼓・歌・舞踊) PM7:40~PM7:55
花火 PM8:00~PM8:45
①羊羹花火8本(1クール)約10分
②手筒花火25本(2人・3人/組:全9クール)約35分
※各演目の開始時間はあくまで目安です。多少の前後はご了承ください。

※雨天決行 ただし、荒天(雷雨・強風)や管轄官庁の指導で中止となる場合もあります。

※打ち上げ会場敷地内にトイレはありません。城内坂の町営公衆トイレをご利用ください。

※車で来られる方は、共販センター正面・北側の駐車場にご駐車願います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「祇園祭」の中で、毎年7月23日に「手筒花火」が披露されます。手筒花火は、東三河地方を代表する伝統的な民俗行事で、徳川家康が天下統一の後、17世紀初めに花火を打ち上げたのが始まりと伝えられています。平成17年から益子町でも「祇園祭」に新しい風を入れて祭りを盛り上げようと始まりました。
当時は、両手で持つ「手筒花火」と片手で持つ「小型手筒花火」の打ち上げが行われます。
「手筒花火」では、直径20cm長さ80cmの筒に火薬を詰め、それを手で持ち火を付けます。空に向いた火炎を吹上、火の粉は8mにも達します。打ち上げ者の熱い思いが光る「手筒花火」は、陶芸の街に相応しい炎の祭典です。

〇交通ガイド 電車:真岡鐵道益子駅から徒歩20分
バス:宇都宮駅西口バス乗り場から東野バス益子行きで「道祖土上」下車
車:北関東自動車道桜川筑西ICから約20分
または真岡IC25分
高速バス:秋葉原から高速バス関東やきものライナーで約2時間30分
「陶芸メッセ入口」下車徒歩約5分(片道運賃2000円、往復2枚チケット3500円)

第2回ビルマ汁フェスティバル(7/8)

第2回ビルマ汁フェスティバル (1)

第2回ビルマ汁フェスティバル (2)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日時:2017年7月8日(土)10時~15時

場所:益子焼窯元共販センター駐車場

あなたが選ぶ最高のビルマ汁に清き1票を! 益子のローカルフードビルマ汁。

各人気店のビルマ汁を楽しめちゃいます。出店店舗は下記の通り。

ビルマ汁HP

ビルマ汁取扱店等も掲載されています♪

【出店店舗】

居酒屋いわや・そば処炉庵・いろり茶屋・手打ちそばうえの・とんかつちとせ・益子焼窯元つかもと・陶知庵・そば割烹木乃香・Cafeましこびと・外ノ池酒造・創作料理暁・CafeBarBanda・益子焼窯元共販センター華乃郷・道の駅ましこ(きっちんきみ)

お問い合わせ先:益子町商工会0285-72-2398

●フリーマーケット同時開催!!●

益子の酒蔵 外池酒造で「日本酒ガーデン2017」開催(7月~9月の土曜日※全6回)

今年も日本酒ガーデンを開催!!

<開催日>

7月8日(土)、7月29日(土)、8月19日(土)、8月26日(土)、9月2日(土)、9月9日(土)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

清酒「燦爛」を数種類、情緒あふれる庭園で飲み放題。旬の食材を使ったおつまみを食べながら日本酒を楽しんでみませんか。

参加費3500円

[数種類の日本酒飲み放題(一部有料も有り)・生ビール1杯無料(2杯目から有料)・特製おつまみ弁当付]
(JR宇都宮駅からの送迎バスご利用 +1000円※往復料金)

JR宇都宮駅東口バス乗り場17:00発

終了後外池酒造店20:15発

定員:各日80名

時間:18:00~20:00終了

場所:外池酒造店庭園(益子町塙333-1)

電話:0285-72-0001

今年はチケット制になります。

詳しくはHPまでhttp://tonoike.jp/

道の駅ましこ旬夏祭~益子のブルーベリーが大集合!!!~

旬夏祭 (1)

旬夏祭 (2)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

道の駅ましこの夏の催しといえば、旬夏祭(しゅんかさい)!
北側の芝生広場の開放も記念してガーデンマルシェも開催予定です。
美味しいものいっぱい・催しいっぱいの2日間、ぜひ道の駅ましこへご来場ください♪

【開催日時】

平成29年7月1日(土)~2日(日)

各日10:00~15:00


【テント出店】

7月1日(土)・2日(日)
ブルーベリーブランド協議会(ブルーベリーすくい取り)
農産加工所たまな(アイス・かき氷・ドリンク)
にのさん(丼)
Ann Elizabeth(ドライフルーツ)
Megumi Dorip(コーヒー)
tenteko(スムージー)
花のいけがみ(お花)
陶工房+ぐりーんmii(植物)

7月1日(土)のみ
ろまんちっく村(クラフトビール)
雨余花(雨余花の夏ごはん)
Glacee770(アイス)
よつ葉生活協同組合(調味料)

7月2日(日)のみ
ぴーgarden(ジャム・シロップ)

【ワークショップ】

7月1日(土)・2日(日)

陶工房+ぐりーんmii(植物):蜜蝋でつくるかゆみ止めクリーム 1000円

花のいけがみ:kidsワークショップ計6回500円

フラワーアレンジメントを作ろう!

7月2日(日)

ミニ盆栽づくり 1500円

①10時~②11時~

※予約優先とさせていただきます。お問い合わせは、0285-72-5530

【演奏】

7月1日(土)

15時~:田野地区おはやしのつどい

7月2日(日)

13時~:風のハーモニー(ケーナ演奏)

and more・・・!!

※催事内容は予告なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※イベント情報は道の駅ましこ旬夏祭ページに追加更新いたします。

HP:道の駅ましこ